検索
映画「クルエラ」の公開記念舞台あいさつに出席した柴咲コウさん
1 / 11

映画「クルエラ」の公開記念舞台あいさつに出席した柴咲コウさん

柴咲コウ:初の実写吹き替えは「合格点」 クルエラ役で自ら志願し録り直しも

 女優の柴咲コウさんが6月10日、東京都内で行われた映画「クルエラ」(クレイグ・ギレスピー監督)の公開記念舞台あいさつに出席した。日本語吹き替え版で主人公・クルエラの声優を務めた柴咲さんは、今回が初めての実写吹き替え。自身の出演作はあら探しをしてしまいがちだと明かしつつ、「この作品は最終的には客観的な目で見られた。声として、自分の中では合格点だったのかな」と自画自賛した。

 柴咲さんは「既に演じられている役者さんに全てを合わせていかないといけない。声に違和感があったら台無しにしてしまうなと思ったので、そこはかなり注意しながらやらせていただきました」とコメント。スタッフからOKが出たものの、「『もう1回聞かせてください』『もう1回やらせてください』っていうのが多かった」と自ら志願し録(と)り直したことを明かし、「(収録したものを)後から聞くと、どうしても『ここ気になるな』っていうのがポロポロ出てきて、またそこをやり直すっていう作業を何回も繰り返しました」と振り返っていた。

 映画は、ディズニーの名作アニメーション「101匹わんちゃん」のヴィラン(悪役)、クルエラの誕生秘話を女優のエマ・ストーンさん主演で実写化。ファッションデザイナーを夢見て、身を削って働く少女エステラが、伝説的なカリスマデザイナーのバロネスと出会い、狂気に満ちあふれた「クルエラ」の姿へと染まっていく。なぜ少女は悪名高きヴィランに変貌したのか……という内容。柴咲さんは声優のほか、同作の日本版エンドソング「コール・ミー・クルエラ」の歌も担当した。この日のイベントには、バロネスの声優を務める塩田朋子さんも出席した。

写真を見る全 11 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る