検索
7月4日スタートの連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」に出演する(左から)水野美紀さん、鈴木伸之さん、田中みな実さん、中尾明慶さん(C)ytv
1 / 2

7月4日スタートの連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」に出演する(左から)水野美紀さん、鈴木伸之さん、田中みな実さん、中尾明慶さん(C)ytv

田中みな実:“秘密”抱えるマンガ家アシスタント役で「うまく表現したい」 新木優子と再共演で「日々キュンキュン」

 フリーアナウンサーの田中みな実さんが、俳優の中川大志さんが主演を務める7月4日スタートの連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)に出演することが分かった。田中さんが同局系のドラマに出演するのは初めて。田中さんは、新木優子さん演じるクールビューティーな人気マンガ家・鳴宮美月(なるみや・みつき)のアシスタントで、“大きな秘密”を抱える水瀬千景(みなせ・ちかげ)を演じる。

 千景は美月のアシスタントを長年務めている、極めて優秀なチーフアシスタント。絶賛婚活中で、仕事中でもやたらとマッチングアプリを気にして男あさりをし、とにかくイケメンに目がない。一見すると、気さくでオープンに明るく人と接しているようにみえるが、実は大きな秘密を隠している……という役どころ。田中さんは「明るく、感情表現が豊かであるようで、どこか本心がみえない、謎に包まれた人物だと感じました」と話し、「そこをうまく表現していきたい」と意気込んでいる。

 また、共演経験がある新木さんについて「会うなり『みな実さ~ん! これ知ってます?』とオススメの美容グッズをプレゼントしてくれたりして、あまりの可愛さに日々キュンキュンしています」、中川さんについて「お芝居の現場でご一緒するのは初めて。子犬のように可愛くてみんなの癒やしです」とコメント。「和気あいあいとした楽しい現場でこの夏を過ごせることをうれしく思います」と心境を語っている。

 田中さんのほか、殺し屋界のエースで“デス・プリンス”の八乙女流星(やおとめ・りゅうせい)を「劇団EXILE」の鈴木伸之さん、“出世命”のマンガ担当編集・風岡樹生(かざおか・たつき)を中尾明慶さん、警察官でありながら殺し屋組織の責任者・綿谷詩織(わたや・しおり)を水野美紀さんが演じることも明らかになった。

 ドラマは、連続ドラマ「グッド・ドクター」、映画「翔んで埼玉」などの脚本家の徳永友一さんが手がけるオリジナル作品。“伝説の殺し屋”である育ての親を殺された男虎柊(おのとら・しゅう、中川さん)は、仇(かたき)を討つために殺し屋になった殺し屋初心者。暗殺のターゲットである美月に近づくが、間の悪さが災いして、殺そうとしても、どうしても殺せない。それどころか、危険が迫るターゲットを守ってしまう……というストーリー。

写真を見る全 2 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る