検索
国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2021」のアワードセレモニーに出席した池田エライザさん
1 / 11

国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2021」のアワードセレモニーに出席した池田エライザさん

池田エライザ:超ミニボトムですらり美脚 チェックオンチェックの上級者コーデ

 女優の池田エライザさんが6月21日、明治神宮会館(東京都渋谷区)で開催された、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア(SSFF&ASIA)2021」のアワードセレモニーに出席した。超ミニ丈のボトムから、すらりと伸びた美脚を見せていた。

 ボトムはサイドの裾に飾りが垂れた個性的なデザイン。ジャケット、トップス、ボトムともグレー系のチェックでそろえた上級者コーデだった。シンプルながらスタイリッシュなデザインのイヤリングやリングを合わせていた。

 この日は池田さんのほか、松本穂香さん、篠原ともえさんらが審査員やプレゼンターとして登場。池田さんは今回創設された「スマートフォン映画作品部門」で審査員を務めた。

 「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア」は、アジア最大級の国際短編映画祭。23回目の今年は約120の国と地域から6000本以上の作品の応募があった。グランプリにあたる「ジョージ・ルーカス・アワード」には、ラファエル・マヌエル監督の「フィリピニャーナ」が選ばれた。

写真を見る全 11 枚
Twitterでシェア

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る