検索
「映画 太陽の子」の完成披露上映会の舞台あいさつに出席した有村架純さん
1 / 7

「映画 太陽の子」の完成披露上映会の舞台あいさつに出席した有村架純さん

有村架純:七夕の願い「安心、安全な世界が訪れますように」 三浦春馬さんとの思い出も語る

 女優の有村架純さんが7月7日、東京都内で行われた「映画 太陽の子」(黒崎博監督、8月6日公開)の完成披露上映会の舞台あいさつに共演者と出席した。七夕ということもあり、短冊形のフリップに願いを託すことになると、「安心、安全な世界が訪れますように」と未来への希望を書いた。

 有村さんは「ひねりもなく、そのままの意味になるんですけど……」と照れ笑いを浮かべつつ、「今の生活状況もそうなんですが、世界中が混乱状況にあるのかなと、さまざまなニュースを見て思っている。自然災害もそうですし、いつになったら、何の心配事もなく、全世界の人たちが平和に暮らせるのだろうかと。それは永遠のテーマなのかなと改めて思いました」と胸の内を明かした。

 映画は、“日本の原爆開発”を背景に、時代に翻弄(ほんろう)されながらも全力で駆け抜けた若者たちの、等身大の姿を描いた青春グラフィティー。「この研究が成功すれば、戦争は終わる」と信じて実験に没頭する若き科学者・石村修を柳楽優弥さん、修の弟で父親の遺志を継ぎ軍人となった裕之を昨年7月に亡くなった三浦春馬さん、兄弟の幼なじみで、戦後の未来を見据えて力強く日々を生きている朝倉世津を有村さんが演じた。

 この日の舞台あいさつには、柳楽さん、國村隼さん、黒崎監督も登場。有村さんは「柳楽さんも春馬さんも、一度お仕事をしたことがあったので、自然に幼なじみという関係性ができていた」と話し、「現場もすごく穏やかでしたし、作品では戦時下という厳しい環境にありましたが、撮影の合間はすごく笑顔が多かったかなと思います」と振り返った。

 さらに「3人で、未来について語り合う縁側のシーン」が印象深いと明かし、「(三浦さんが演じた)裕之さんが戦地に戻る前夜、もしかしたら3人で会えるのはこれが最後かもしれないという切ないシーンでもあった」と説明。「台本にはなかったんですが、戦地に送りだす裕之に対して、(柳楽さんが演じた)未来を作ろうとしている修に対して、言葉ではないもので伝えたいなと思って、2人の手を握らせてもらった。人間の温かさ、ぬくもりがあのシーンで伝わればいいなと思って、監督に提案させてもらった」と裏話を明かし、「3人の空気感が穏やかで、ほほ笑ましいシーンになってよかったなと思っています」と目を細めた。

 また柳楽さんが、「春馬君は10代前半くらいから、一緒にオーディションをする仲だった。戦友というか、ライバル。今回は兄弟役という関係で、いろいろと関わらせていただいた」と三浦さんへの思いを切り出す場面もあった。「海のシーンが好き」と語り、「春馬君がこの作品に愛を持って参加してくれたように、僕自身もこの映画に参加したメンバーも、春馬君をこれからもずっと愛して、大切にいきたいと思えるシーンでした」と力を込めていた。

写真を見る全 7 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る