検索
映画「ジャングル・クルーズ」の日本版完成披露試写会に出席したミッキーマウス(左)と木村佳乃さん
1 / 10

木村佳乃:ミッキー&ミニーとの対面に喜び「まさか会えるとは」

Twitterでシェア

 女優の木村佳乃さんが7月20日、東京都内で行われた、声優を務めた映画「ジャングル・クルーズ」(ジャウム・コレット=セラ監督、7月29日公開)の日本版完成披露試写会に出席した。特別ゲストとしてミッキーマウスとミニーマウスが駆けつけると、木村さんは「まさかきょう会えるとは思っていなかった」と対面に喜び。ミッキーとミニーの衣装がジャングル探検仕様で、「お洋服もすてき。いますぐに冒険に行けそう」とほほ笑んだ。

 映画は、米カリフォルニア州のディズニーランドに1955年のオープンと同時に作られたアトラクション・ジャングルクルーズをテーマにした実写映画。観光客相手のクルーズ・ツアーの船長フランク(ドウェイン・ジョンソンさん)が、女性博士のリリー(エミリー・ブラントさん)と共に、アマゾンに奥地にあるという“不老不死の花”を求め、ジャングルを冒険する……というストーリー。

 日本版でリリーの吹き替えを担当した木村さんは、この日、パンツ姿で「リリーはとても活発で、女性がズボンを着るのをはばかられる時代にズボンを着ていたので、私も」と言い、「リリーは勇敢で聡明な役。同じ女性として憧れるし、潔い。かっこいいんです。私は臆病者なので……。演じていて、とっても楽しかった」とアフレコを振り返った。

 この日、会場ではリリーを演じたブラントさん、フランクを演じたジョンソンさんからビデオメッセージがスクリーンに映し出された。木村さんは、エミリーさんからの「佳乃! きょうはその場に行けなくてごめんなさい。アトラクションに乗るようにこの映画を楽しんで」というメッセージを受け取ると、「うれしい。ありがとうございます」とにっこり。また「私、海外に住んでいたことあるんですが、意外と英語で“佳乃”って発音できないんですよ。はっきりと佳乃と言っていただけてうれしい」と感激していた。

 イベントにはリリーをサポートするマクレガー役の吹き替えを担当した、お笑いコンビ「ジャングルポケット」の斉藤慎二さんも参加した。映画は、ディズニープラス プレミア アクセスで30日から配信される。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る