検索
「2021ミス・アース・ジャパン日本大会」でドレス姿を披露するグランプリの吉田小夏さん
1 / 24

2021ミス・アース:ファイナリストが水着姿で“美”競う グランプリ吉田小夏さんも美スタイルで着こなす

Twitterでシェア

 世界4大ミス・コンテストの一つ「ミス・アース」の2021年の日本大会が7月20日、東京都内で開催され、ファイナリスト27人が出場。カジュアルウエアでの審査を勝ち抜いた15人が、水着姿での審査に臨み、抜群のプロポーションで美を競った。

 日本代表となる「2021ミス・アース・ジャパン」の座に輝いた北海道代表でホテル勤務の吉田小夏(よしだ・こなつ)さん(26)は真っ赤なビキニを着こなし、すらりとした美しいスタイルを披露。ほかのファイナリストたちも、黒や白、グリーンなどの水着を着こなしてポーズを決めていた。

 「ミス・アース」は、ミス・ユニバース、ミス・インターナショナル、ミス・ワールドと並び、世界4大ミス・コンテストの一つに数えられる美の祭典。今年で11回目を迎えた。地球環境保護に対する意識を重視しているのが特徴で、世界大会には例年80カ国以上の国の代表が参加している。今回の応募総数は約3500人。この日は、ファイナリスト27人が出場し、水着やカジュアルウエア、ドレス姿での審査が行われた。

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る