検索
1 / 8

高島礼子:シンプルワンピで大人の上品ブラックコーデ メッシュブーサンがアクセント

Twitterでシェア

 女優の高島礼子さんが8月4日、東京都内で行われた、黒谷友香さんとのダブル主演映画「祈り-幻に長崎を想う刻(とき)-」(松村克弥監督、8月20日公開)の公開直前イベントに、シンプルな黒いワンピース姿で登場した。黒いメッシュのブーサンをアクセントにした大人のブラックコーデ。スクエアを三つ並べたデザインのネックレスとイヤリングを合わせて、品良く着こなしていた。

 イベントには、黒谷さん、俳優の城之内正明さん、松村監督も登場した。

 映画は、劇作家・演出家の田中千禾夫さんが1959年に発表し、第6回岸田演劇賞、第10回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した戯曲「マリアの首-幻に長崎を想う曲」が原作。昭和32年の被爆後の長崎を舞台に、焼け落ちた浦上天主堂に残るマリア像を人知れず運び出そうとする2人の女性の姿を描く。

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る