検索
(C)Seventeen/集英社 撮影/千葉タイチ
1 / 3

ミスセブンティーン2021:ホリプロ所属ユニット「821」の市ノ瀬アオ 専属モデル就任で「読者の方たちに憧れられるモデルに」

Twitterでシェア

 女性ファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」(集英社)の専属モデルオーディションで、ホリプロに所属するガールズユニット「821(ハニー)」のメンバーで中学3年の市ノ瀬アオさん(14)が「ミスセブンティーン2021」に選出されたことが8月18日、オンラインで開催された同誌の読者向けイベント「第24回 Seventeen 夏の学園祭2021」で発表された。

 市ノ瀬さんは「小さい頃から憧れていたセブンティーンモデルになれて、まだ夢を見ているみたい!」と喜び、「私にとってミスセブンティーンは、ゴールじゃなくてスタート。これからさらに自分磨きを頑張って、読者の方たちに憧れられるモデルに成長してみせます!」とコメントしている。

 市ノ瀬さんは、2007年2月7日生まれ。岐阜県出身。身長166センチ。「821」は、ホリプロが主催する日本最大のオーディションの一つ「ホリプロタレントスカウトキャラバン」で選出されたメンバーにより結成されたユニット。

 「ミスセブンティーン」は1970年に第1回が行われ、1999年からは専属モデルオーディションとして毎年開催。今回は市ノ瀬さんのほか、中学2年の森崎美月(もりさき・みづき)さん(14)、中学2年の葛西杏也菜(あやな)さん(14)、高校1年の上坂樹里(こうさか・じゅり)さん(16)、高校2年の平美乃理(たいら・みのり)さん(17)も選出された。

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る