検索
映画「総理の夫」完成披露試写会に登場した中谷美紀さん
1 / 15

中谷美紀:“夫”田中圭の「夫婦役でハラハラ」発言を追及 「どういう意味ですか!?」

Twitterでシェア

 女優の中谷美紀さんが9月8日、東京都内で行われた映画「総理の夫」(河合勇人監督、9月23日公開)完成披露試写会の舞台あいさつに出席した。ダブル主演を務める田中さんが「中谷さんと夫婦役ということで緊張しました。あの……ハラハラしましたよ」と振り返ると、中谷さんは「どういう意味ですか!?」と追及。田中さんがしどろもどろになりながら「悪い意味じゃないんですけど……そんなことはないんですけど、怒られると思っていました」とこぼすと、「ほらあ! 悪い意味じゃないですか!」とツッコみ、会場の笑いを誘った。

 映画は原田マハさんの小説「総理の夫 First Gentleman」(実業之日本社文庫)が原作。少数野党の党首を務めている妻・凛子(中谷さん)が史上初の女性内閣総理大臣に選出され、突然「総理の夫」となってしまった鳥類学者の日和(田中さん)が、予想だにしなかった激動の日々に巻き込まれていく……というストーリー。

 中谷さんは、オファーを受けた当初は「『日本で女性総理なんて絶対ムリでしょ!』と、ちょっと意地悪な気持ちで原作と脚本を読ませてもらった」と明かしつつ、「でも、凛子が働く女性が子供を生み、そして育てやすい社会を作るという素敵(すてき)な理念を持っていた。それは女性でしたら、きっと誰でも願っていること。一人の女性としてとても共感して演じさせてもらった」とコメント。「世界中の女性リーダーがたくさんいる。そうした方々が、怒りをグッとこらえて、いつもほほ笑みを絶やさなかったり、穏やかな口調で話をする姿を参考にしました」と明かしていた。

 舞台あいさつには、貫地谷しほりさん、工藤阿須加さん、松井愛莉さん、嶋田久作さん、片岡愛之助さん、 岸部一徳さんも出席した。撮影の合間に田中さん、貫地谷さんと栄養トークをしていたという中谷さんは「貫地谷さんと私、たぶん同じようにサプリメントオタク。(現場に)お互いサプリメントを大量に持ってくる。日焼けしないようにとか、美肌やニキビができないようにするためとか、髪の毛がフサフサ生えるようにとかいろいろ考えて。(貫地谷さんは)すごくよくご存じだった」と振り返ると、貫地谷さんからサプリをもらったという田中さんも「続けてますよ。(調子は)超いいですよ」と語っていた。

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る