検索
映画「空白」のプレミアトークイベントに出席した寺島しのぶさん
1 / 5

映画「空白」のプレミアトークイベントに出席した寺島しのぶさん

寺島しのぶ:洗練されたオール白のパンツルック 松坂桃李に“引かれ”た?「熱量が過剰すぎて…」

 女優の寺島しのぶさんがこのほど、映画「空白」(吉田恵輔監督、9月23日公開)のプレミアトークイベントに出席した。この日は映画のタイトルにちなみ、主演の古田新太さん、吉田監督と共に、それぞれ真っ白な衣装で登場。寺島さんは、白いオールインワンに白いブーツを合わせ、ゴールドカラーのイヤリングやブレスレットをアクセントにした、洗練されたオールホワイトコーデだった。

 映画は、「新聞記者」(藤井道人監督)などを手掛けたプロデューサーの河村光庸さんが企画し、吉田監督とタッグを組んだオリジナル脚本のヒューマンサスペンス。中学生の少女がスーパーで万引きを疑われ、店長に追いかけられた末に車にひかれて死亡してしまう。娘のことなど無関心だった少女の父親は、せめて彼女の無実を証明しようと、店長を激しく追及するうちに、その姿も言動も恐るべきモンスターと化し、関係する人々全員を追い詰めていく……というストーリー。寺島さんは、スーパーの店員・草加部麻子を演じた。

 映画のキャッチコピー「全員被害者。全員加害者。」から、誤解されたエピソードを聞かれた寺島さんは「私はシャイなので、ぶっきらぼうに冷たい言葉を発してしまうことがある。初対面の人には誤解されてしまうこともあるので、むやみにキツい言葉を言ってはいけないなと思う」とコメント。自身が演じた役柄と似ている部分については「草加部のように絶対こうだよ、と子供にも植え込もうとする瞬間があって、いかんいかんと感じる」と語っていた。

 また、スーパーの店長を演じた松坂桃李さんについて、寺島さんは「正直、もう少し違う役で出会いたかった。彼を守るために頑張っている人で、そこにウソはなかったけど、熱量が過剰すぎて、ちょっとアプローチかけても(松坂さんが)ひゅうっと引いていく感があったので……」と思いを吐露。古田さんも、撮影中やオールアップしてからの飲み会に「桃李だけは誘っても来てくれなかった」とぼやくと、吉田監督は松坂さんの状況を「古田さんと寺島さんを相手に、ゴジラとコングに挟まれてる気持ちでしたよね」と表現していた。

写真を見る全 5 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る