検索
ドキュメンタリー映画「人と仕事」の完成報告&生配信イベントに出席した有村架純さん
1 / 9

ドキュメンタリー映画「人と仕事」の完成報告&生配信イベントに出席した有村架純さん

有村架純:ドキュメンタリー映画で保育士体験 「子供たちからエネルギーをもらった」

 女優の有村架純さんが9月16日、東京都内で行われたドキュメンタリー映画「人と仕事」(森ガキ侑大監督、10月8日公開)の完成報告&生配信イベントに俳優の志尊淳さんとともに出席した。同作では2人が“役ではないありのままの自分”としてコロナ禍を生きる人々にインタビューを敢行。保育士体験もしたといい、有村さんは「とても楽しい時間を過ごさせてもらった。子供たちと触れ合うことで、とてもエネルギーをいただいて。元気になって帰ってきた」とほほ笑んだ。

 一方で「でも、それはやっぱり毎日ではなくて、その日だけ行って数時間、子供たちと触れ合うから『楽しかった』と思えること。いろいろな毎日を過ごすと、(保育士の方が)より大変な思いをされていることも実感した。好きという気持ちがないと、お仕事って続けられないだろうなと思います」と人々の思いに寄り添っていた。

 志尊さんは「10代のとき、保父さんになるのが夢だった」といい、「『行きたいです』と最初から言っていた。ものすごく楽しかったのと同時に、これを毎日されている保育士さんはすごいなと思った」と振り返っていた。

 また2人はコロナ禍で、俳優業への決意も新たにした様子。有村さんは「自分には、現場で100パーセントの結果を残せるように、務めていくことしかできない。それはコロナ前、コロナ禍でも変わらないけれど、より皆さんの心に残る作品を届けていきたいなという思いは強くなった気がします」、志尊さんも「自分にできることを精いっぱいやりたい」と語った。

 同作では、有村さんと志尊さんが、コロナ禍で働く「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる保育士や介護福祉士、農家などの人々や、声なき仕事人たちの現状をリポート。現代社会の陰影を浮き彫りにしていく。2020年、2人が出演し、森ガキ監督が手がける映画の製作を予定していたものの、コロナ禍で制作を断念せざるを得ない状況になり、監督・俳優はそのままに、ドキュメンタリー映画へシフトして制作された。3週間限定で、全国で上映される。

写真を見る全 9 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る