検索
(左から)植木千代奈さん、宇江美沙希さん、「2021 MISS JAPAN」の小山麻菜さん、浦田実優さん
1 / 23

(左から)植木千代奈さん、宇江美沙希さん、「2021 MISS JAPAN」の小山麻菜さん、浦田実優さん

2021ミス・ジャパン:ミニワンピ、ミニボトムで美脚見せ 華やか衣装でファイナリストが勢ぞろい

 今年で3度目の開催となるミスコンテスト「2021 MISS JAPAN(ミス・ジャパン)」の日本大会が、9月29日に東京都内で開催され、49人のファイナリストがミニワンピースやミニボトムなど自慢の美脚を見せ、美を競った。この日、3代目のグランプリとなる「2021 MISS JAPAN」に輝いた、神奈川県出身のダンサー、小山麻菜(まな)さん(23)は黒いミニワンピース姿で登場した。小山さんは元「E-girls」の楓さんのいとこ。

 準グランプリの岡山県出身の医大生、宇江美沙希さん(22)は淡い色合いのフィッシュテールワンピース姿だった。

 また、青森県出身の大学生、浦田実優(うらた・みゆう)さん(21)、東京都出身で女優や演劇教育の講師として活動する小池樹里杏(じゅりあん)さん(27)、兵庫県出身で役員秘書の植木千代奈さん(24)がトップ5に選ばれた。

写真を見る全 23 枚
Twitterでシェア

ビューティー 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る