検索
映画「護られなかった者たちへ」の大ヒット御礼舞台あいさつに出席した佐藤健さん
1 / 13

映画「護られなかった者たちへ」の大ヒット御礼舞台あいさつに出席した佐藤健さん

佐藤健:私生活は「暗いんですよ」と自虐 「ソファに座って気付いたら次の日になってる」

 俳優の佐藤健さんが10月7日、東京都内で行われた主演映画「護(まも)られなかった者たちへ」(瀬々敬久監督)の大ヒット御礼舞台あいさつに、清原果耶さんらと登場した。撮影中、佐藤さんとあまり話す機会がなかったという清原さんは、この機会に何か質問をと言われ「最近新しく生活に取り入れて楽しかったことってありますか?」と質問。佐藤さんは「僕はね、生活に何かを取り入れないんですよ。ソファに座って、気付いたら次の日になってるんですよ」と私生活を明かした。

 続けて、「謎解きとかは変わらずしてますけど、新しい何かを取り入れるみたいな、そういうんじゃないんですよ。暗いんですよ」と自虐していた。

 2人は観客から事前に受け付けた質問にも答え、映画の感想にちなみ、心が温まり元気になった食べ物を聞かれた佐藤さんは「和食をいただいた後に、おいしい日本酒を飲んだら『幸せだなぁ』と元気になります」と回答。清原さんも「私も和食が好きなんですけど、かぼちゃの煮物とか……ほっこりしません? うまく作れた時とか、ほっこりうれしくなるなぁと思いました」とほほ笑んでいた。

 舞台あいさつには、瀬々監督も登壇した。映画は、中山七里さんの同名小説(NHK出版)が原作。東日本大震災から10年目の仙台で、被害者を“餓死”させる連続殺人事件が発生。捜査線上に浮かんだのは、別の事件で服役し出所したばかりの利根(佐藤さん)。刑事の笘篠(阿部寛さん)は、利根と被害者たちとの接点を見つけ出し、追い詰めていくが、決定的な確証をつかめないでいた。やがて第3の事件が起きてしまい……というストーリー。清原さんはケースワーカー、円山幹子を演じている。

写真を見る全 13 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る