検索
旅番組「遠くへ行きたい」に出演する武田修宏さん(C)ytv
1 / 9

旅番組「遠くへ行きたい」に出演する武田修宏さん(C)ytv

武田修宏:「幸せになれる」化石を発見 究極のコーヒー、地元ソウルフードも 「遠くへ行きたい」で島根・石見の旅へ

 サッカー元日本代表の武田修宏さんが、旅番組「遠くへ行きたい」(読売テレビ・日本テレビ系)の10月17日放送の回に出演する。武田さんは島根県・石見(いわみ)地方を旅する。読売テレビで午前7時、日本テレビで午前6時半から放送。

 旅の始まりは、島根県の景勝地、国指定天然記念物の石見畳ケ浦から。貝殻の炭酸カルシウムが生み出した不思議な形状の化石群や、流木の化石などを見て回る武田さんは、「見つけると幸せになれる」という化石を発見する。

 続いては、北前船の寄港地として栄えた港町である浜田市の鮮魚店でノドグロやクエを見せてもらい、明治26年創業のかまぼこ店で地元のソウルフードである「赤てん」作りを見学。さらに、日本のコーヒー文化に欠かせない三浦義武ゆかりの島根発の究極のコーヒーを味わう。

 その後、益田市に移動した武田さんは、「日本一の清流」と呼ばれる高津川で、地元の漁師と合流。渓谷での伝統漁を見せてもらい、巨大なモクズガニをごちそうになる。さらに、幻の巨大ハマグリに舌鼓を打ち、豪華絢爛(けんらん)な衣装と細かな細工の面をまとって舞い踊る、江戸時代から伝わる大迫力の伝統芸能「石見神楽(いわみかぐら)」の秘密に迫る。

写真を見る全 9 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る