検索
「SUITS OF THE YEAR 2021」に選出され授賞式に登場したTOKIO (左から)国分太一さん、城島茂さん、松岡昌宏さん
1 / 7

「SUITS OF THE YEAR 2021」に選出され授賞式に登場したTOKIO (左から)国分太一さん、城島茂さん、松岡昌宏さん

TOKIO城島茂:松岡昌宏副社長のスーツ姿に「ほれ直し」 3人そろって「スーツ・オブ・ザ・イヤー2021」受賞

 人気グループ「TOKIO」の城島茂さん、国分太一さん、松岡昌宏さんが「SUITS OF THE YEAR(スーツ・オブ・ザ・イヤー) 2021」に選出され、11月9日、東京都内で開催された授賞式に出席した。MCから国分さん、松岡さんのスーツ姿の感想を聞かれると「株式会社TOKIO」の社長を務める城島さんは「それぞれイメージに合った(スーツで)国分副社長も本当にお似合い。松岡副社長もストライプがすてき。改めて、こうやって見るとほれ直しました」とコメント。松岡さんは「ほれ直した?」と不思議そうな表情を浮かべていた。

 松岡さんは城島さんのスーツ姿の感想を求められ、「すてきですよ。大人の感じもしますし、社長としての風格も出てきたんじゃないかと思う」と絶賛。すると国分さんは、「10代、20代のころに出会った“社長”は当時、2着で7000円のスーツを買っていました」と暴露し、城島さんは「3着目になるとタダに」と照れ笑い。聞いていた国分さんは、「今やオーダーでこうやって自分サイズ(を着るよう)になっている。すてきです」と感慨深げに語っていた。

 同賞は、「ビジネスや自分のフィールドで情熱を持ってチャレンジし、時代を変えていく才能や志を持つ人」を表彰するアワード。2018年にスタートし、今回が4回目。これまでに俳優の田中圭さん、草刈正雄さん、鈴木保奈美さんらが受賞している。

 城島さんは受賞を「こんなすてきな賞をいただきまして誠にありがとうございます。光栄でございます。これからも3人でますます頑張っていきたい」と笑顔で喜んでいた。

 この日はTOKIOのほか、ビジネス部門でロッテホールディングスの玉塚元一社長、ユーグレナの出雲充社長、イノベーション部門でDOYAの銅冶勇人社長、スポーツ部門でバスケットボール女子日本代表の高田真希さんらがそれぞれ受賞。MCはフリーアナウンサーの宇賀なつみさんと俳優の前川泰之さんが務め、副音声をお笑いコンビの「和牛」が務めた。

写真を見る全 7 枚
Twitterでシェア

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る