検索
映画「彼女が好きなものは」の初日舞台あいさつに登場した三浦りょう太さん
1 / 12

映画「彼女が好きなものは」の初日舞台あいさつに登場した三浦りょう太さん

三浦りょう太:キングカズの息子、初舞台あいさつで緊張 親友・神尾楓珠を「“ふうちゃん”って呼ばせてもらってます」

 サッカーの三浦知良さんとモデルの三浦りさ子さんの長男で、俳優の三浦りょう太さんが12月3日、東京都内で行われた神尾楓珠(ふうじゅ)さんの主演映画「彼女が好きなものは」(草野翔吾監督)の初日舞台あいさつに出席した。映画初出演で舞台あいさつも初めての三浦さんは共演者の印象を聞かれて「神尾さんは……」と話し始め、神尾さんから「何で神尾さんって呼ぶの?」とツッコまれると、「僕は“ふうちゃん”って呼ばせてもらってるんですけど」と緊張した様子だった。

 この日は神尾さんと共演の山田杏奈さん、草野監督も出席。三浦さんは登場すると「初めてなもので緊張しています」と話していた。神尾さんと親友だといい、「(神尾さんは)最初に会った時、暗くて、めっちゃ怖い人だと思ってたんだけど、今では“ふうちゃん”と呼ぶようになりました」と仲の良さをアピール。神尾さんが「僕はりょう太って呼んでます」と言うと、三浦さんは「基本『お前』ですね」と返し、会場の笑いを誘っていた。

 映画は、ゲイであることを隠す高校生の安藤純(神尾さん)と、同性同士の恋愛をテーマとしたBLマンガ好きのクラスメート三浦紗枝(山田さん)との恋愛を通じ、世間にはびこる“ふつう”という価値観とのギャップに向き合う男女の姿を描いた。三浦さんは2人のクラスメート小野雄介を演じ、最初の撮影でも「すごい緊張してて、何回もNGを出しちゃって、そこがいちばん印象に残ってますね」と振り返っていた。

 2019年4月には「腐女子、うっかりゲイに告る。」(NHK総合)としてドラマ化もされた、浅原ナオトさんの小説「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」(角川文庫)が原作。草野監督が脚本も手がけた。

写真を見る全 12枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事