検索
トークバラエティー番組「A-Studio+」に出演する松下洸平さん=TBS提供
1 / 10

トークバラエティー番組「A-Studio+」に出演する松下洸平さん=TBS提供

松下洸平:連ドラ「最愛」が話題 母は画家 歌手としての試行錯誤、高校時代のやんちゃすぎる一面が明らかに 「A-Studio」きょう放送

 放送中の金曜ドラマ「最愛」(TBS系、金曜午後10時)で刑事役を演じ、話題の俳優・松下洸平さんが12月3日に放送されるトークバラエティー番組「A-Studio+(エー・スタジオ プラス)」(同局系、金曜午後11時)にゲスト出演する。歌手としてデビューし、いつか同番組に出演することを夢見てシミュレーションを重ねてきたという松下さんが、人気俳優になるまでの軌跡とルーツに迫る。

 松下さんは、2008年に「洸平」名義でCDデビュー。2009年、ミュージカル「GLORY DAYS」で初舞台を踏んで以降、舞台を中心に活躍してきた。2019年にNHK連続テレビ小説「スカーレット」でヒロインの相手役に抜てきされ、一躍、人気俳優へ。2020年からは音楽活動も本格的に再始動。人気バラエティー番組にもレギュラー出演している。

 番組MCの笑福亭鶴瓶さんは、松下さんの母親を取材。母親は画家で、松下さんも子供の頃から絵をたしなんでいたという。松下さんの中学2年の時の作品のクオリティーの高さに驚きの声が上がる。

 一方、同じくMCを務める人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の藤ヶ谷太輔さんは、高校時代、松下さんと共にダンス部を立ち上げた同級生を取材。同級生からのクレームをきっかけに、松下さんがヤンチャすぎる理由で、1カ月で部長をクビになっていたことが明かされる。高校時代の映像も公開され、松下さんが赤面する一幕もある。
 
 ほかに松下さんはデビュー当時、ライブにお客さんが一人しかいなかったことへの悔しさ、注目されるために絵を描きながら歌っていたなど、試行錯誤していたことを回顧。「スカーレット」撮影中の裏話、芸能界を目指すことになったきっかけ、今でも一緒に音楽をやっている専門学校時代の仲間たちとの絆、独り暮らしの松下さんの自宅で、母親がコッソリやっていることも明かされる。鶴瓶さんと藤ヶ谷さんは、辛口なことで知られる演出家の河原雅彦さんにも取材する。

写真を見る全 10 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る