検索
週末シネマ占い
1 / 1

週末シネマ占い

週末シネマ占い:12星座別 1月8、9日の運勢

 週末の12星座の運勢を、おすすめの映画とともにお届けします。(占い/章月綾乃)

 ◇おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

 感受性豊か。人の気持ちに寄り添い、支えられそう。「ヴォイス・オブ・ラブ」で、優しさと愛のパワーをチャージして。

 ◇おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

 友情運アップ! あなたから連絡を入れてみると楽しい話がまとまりそう。「明け方の若者たち」で連想する旧友がキーパーソン。

 ◇ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

 刺激が不足ぎみ。「ピンク・フラミンゴ」や「セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ」など、ジョン・ウォーターズ監督の世界に酔って。

 ◇かに座(6月22日~7月22日生まれ)

 流行に乗りましょう。旬の世界に触れることで、今年の目標や指針が見えてきます。「劇場版 呪術廻戦 0」をチェック!

 ◇しし座(7月23日~8月22日生まれ)

 運気はディープ。考察や研究がはかどります。映画を見るなら、「マトリックス レザレクションズ」へ。思い出の旅のきっかけにも。

 ◇おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

 真面目さと軽やかさミックスの週末。「あなたの番です 劇場版」や「99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE」が素直に楽しめそう。

 ◇てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

 マナーとルールを守ることで、ツキが高まっていきます。「キングスマン ファースト・エージェント」で品格チェックを。

 ◇さそり座(10月24日~11月22日生まれ)

 レトロな世界が新鮮! 「ラストナイト・イン・ソーホー」の美しい悪夢の世界へトリップを。おしゃれのヒントもつかめるはず。

 ◇いて座(11月23日~12月21日生まれ)

 家や家族について考えたいタイミング。「こんにちは、私のお母さん」が、視界を広げてくれるでしょう。親孝行にもよい時です。

 ◇やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

 やぎ座生まれのスーパースター、デヴィッド・ボウイの軌跡を追って。「ジギー・スターダスト」を彼の誕生日に見るのはいかが?

 ◇みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

 日常の見直しにツキがあります。視界を広げてくれるのは、「決戦は日曜日」。政治をキーに、世界を見直してみましょう。

 ◇うお座(2月19日~3月20日生まれ

 12年に1度の大幸運期で「大いなる力」を有する2022年、「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」が立ち位置を知る一作に。

<プロフィル>

 章月綾乃(しょうづき・あやの)。占術研究家・心理テストクリエーター。雑誌やウェブを中心に活躍。映画館で映画を見るチャレンジ継続中。年間150本が目標。マンガ誌「増刊flowers(フラワーズ)」(小学館)、ウェブサイト「ananweb」「GINZA」(ともにマガジンハウス)、生活情報誌「ESSE(エッセ)」(扶桑社)、ウェブサイト「ハルメクweb」(ハルメク)、「BIOPLE(ビープル).jp」(マッシュビューティーラボ)、「mer(メル)」(学研)で連載中。宇野実彩子さんのファンブック「Uno Book」(MOGURA BOOKS、発売中)で心理テストを手がけた。著書多数。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

星占い 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る