検索
波瑠さんが主演の連続ドラマ「愛しい嘘~優しい闇~」の場面写真=テレビ朝日提供
1 / 3

波瑠さんが主演の連続ドラマ「愛しい嘘~優しい闇~」の場面写真=テレビ朝日提供

冬ドラマ:波瑠、林遣都が本格ラブサスペンス 同窓会きっかけに連続不審死事件が あす連ドラ「愛しい嘘」スタート

 女優の波瑠さんが主演を務める連続ドラマ「愛しい嘘~優しい闇~」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)の放送が、1月14日スタートする。中学卒業から14年後に開催された同窓会をきっかけに、新たな恋と「同級生“連続不審死”事件」が始まるという本格ラブサスペンス。

 地元・山梨から上京し、長年の夢だったマンガ家デビューを果たすも、鳴かず飛ばずで現在はマンガ家アシスタントとして働く今井望緒(いまい・みお、波瑠さん)。ある日、中学校の同窓会が開かれることになり、初恋の相手・雨宮秀一(林遣都さん)から受付担当の依頼が舞い込む。同窓会で再会する同級生を演じるのは、溝端淳平さん、本仮屋ユイカさん、黒川智花さん、新川優愛さん。

 同窓会に参加したメンバーは、雨宮の提案で卒業時に埋めたタイムカプセルを掘り起こすため中学校を訪れる。その中には「みんな 忘れないよ 中野幸」と書かれた紙が入っている。ところが、その場にいた同級生の誰も“中野”の顔を思い出せなかった。1話の予告動画では、林さん演じる雨宮が「ひとつの嘘は七つの嘘を生む」と言う様子が映し出されている。

 波瑠さんは、「視聴者の皆さんの目線に一番近く、巻き起こる出来事に翻弄(ほんろう)される役ですので、皆さんには望緒を通してこの物語を楽しんでいただければいいな、という思いで演じています」とコメントした。

写真を見る全 3 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る