検索
/article/20220114dog00m100019000c.html?photo=008
8 / 15

長澤まさみ:「悪役8割」の城田優をフォロー「今回は笑える悪者」 当たり役を得て「ありがたい」

Twitterでシェア

 女優の長澤まさみさんが1月14日、東京都内で行われた主演映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」(田中亮監督)の初日舞台あいさつに、共演者らと出席した。劇中で元マフィアを演じた城田優さんが「(演じる役の)8割が悪者なんで、慣れっこです」と言うと、長澤さんは「今回は笑える悪者ですよね」とフォロー。「面白かったです。すごく笑っちゃったシーンがありました」とほほ笑むと、城田さんは「まさみちゃんに笑ってもらえたならうれしいです」と喜んだ。

 「コンフィデンスマンJP」は、2018年にフジテレビ系で放送された連続ドラマから始まり、今回が劇場版3作目となる人気シリーズ。

 ダー子という当たり役を得た長澤さんは「こんなに長く続くとは思っていなかったので本当にありがたい。この役がどんどん好きになっていったし、『コンフィデンスマンJP』に取り組む姿勢も貪欲になっていった。この作品からもらったものはたくさんある。ダー子のように底抜けに明るくて前向きで、みんなの太陽みたいな存在というキャラクターはなかなか出会えるものでもないし、なかなか生まれるものでもない。ダー子を演じられて本当に光栄だった」と感謝していた。

 信用詐欺(コンゲーム)師のダー子(長澤さん)、ボクちゃん(東出昌大さん)、リチャード(小日向文世さん)が、壮大かつ奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る、痛快エンターテインメントコメディー。「英雄編」では、街全体が世界遺産に登録されているマルタ共和国の首都ヴァレッタを舞台に、ダー子たちがコンゲームを繰り広げる。

 この日のイベントには、東出さん、小日向さん、生田絵梨花さん、瀬戸康史さん、江口洋介さん、小手伸也さん、田中監督も出席。MCをフジテレビの永島優美アナウンサーが務めた。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事