検索
ドキュメントバラエティー番組「7RULES」に出演する入江聖奈選手=カンテレ提供
1 / 3

ドキュメントバラエティー番組「7RULES」に出演する入江聖奈選手=カンテレ提供

入江聖奈選手:ボクシング女子史上初の金メダルで人生激変! 大好きなカエルにまつわるルールも 「セブンルール」で3カ月密着 

 東京五輪のボクシングで日本女子史上初の金メダルを獲得した入江聖奈選手に密着した様子が、1月18日放送のドキュメントバラエティー番組「7RULES(セブンルール)」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後11時)で放送される。

 番組は、さまざまな分野で活躍する女性に密着取材し、彼女たちが“いつもしていること”を七つ見つけ、「なぜそれにこだわるか」を掘り下げる。

 今回は入江選手に昨年11月から密着。五輪で人生が激変したのち、未来への道を自ら切りひらき始めた入江選手の七つのルールに迫る。また“カエル好き”を公言しており、カエルにまつわるルールも公開する。

 鳥取県で生まれ育った入江選手は、8歳の時にボクシングを始めた。きっかけは、ボクシングを題材したマンガ「がんばれ元気」だったという。スタミナをつけるために中学時代は陸上部に所属するなど、これまでの人生のすべてをボクシングにささげてきた。昨年の東京五輪では、開催3カ月前に「ボクシングを大学いっぱいでやめようと思った」と語る。

 現在、日本体育大学3年生。ボクシング部で女子キャプテンを務めながら、メディア対応やイベント参加など、全国からのオファーを分刻みでこなす日々を過ごしている。マイペースに、ありのままに生きる姿が映し出されるという。

写真を見る全 3枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事