検索
映画「ウェディング・ハイ」の完成披露試写会に出席した(左から)岩田剛典さん、篠原涼子さん、中村倫也さん
1 / 16

映画「ウェディング・ハイ」の完成披露試写会に出席した(左から)岩田剛典さん、篠原涼子さん、中村倫也さん

篠原涼子:中村倫也、岩田剛典、向井理らと共演 「ひとりひとりが主役のような」

 女優の篠原涼子さんが1月18日、東京都内で行われた主演映画「ウェディング・ハイ」(大九明子監督、3月12日公開)の完成披露試写会に登場した。この日は、中村倫也さん、関水渚さん、岩田剛典さん、中尾明慶さん、向井理さん、高橋克実さん、大九監督も出席。篠原さんは「ひとりひとりが本当に主役のような、ぜいたくな作り方になっていると思います。とにかく笑える作品なので、何も考えないで、とにかくゲラゲラ笑っていただけたら」とアピールした。

 篠原さんが演じるのは“絶対にNOと言わない”ウエディングプランナーの中越真帆。結婚式当日、石川彰人(中村さん)と新田遥(関水さん)は幸せな式を迎えるはずだったが、スピーチに命をかける上司(高橋さん)など、参列者はくせ者ぞろい。中越は全ての難題をクリアして、2人に最高の結婚式を贈ることができるのか……というストーリー。お笑い芸人のバカリズムさんが脚本を担当した。

 「くせ者ぞろいの結婚式」という設定にちなみ、それぞれが“くせ者”だと思うポイントを披露。篠原さんは「強いて言うなら、指をすごく鳴らすんですよ。撮影現場でも、他のキャストの方が話していて、自分がセリフがない時は、ボキボキって鳴らしちゃったりして……」と明かし、「こういうことを話している段階でもうおかしいじゃないですか。くせ者というか、ちょっと変わってるっていうか」と語った。

 イベントの最後には、出演者らが「ウェディング・ハイ」のかけ声に合わせ、特大クラッカーを発射した。

写真を見る全 16枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事