検索
/article/20220124dog00m100016000c.html?photo=002
2 / 11

Koki,:大阪で「ビリケンさん」登場に笑顔 女優デビュー作が国際映画祭に出品へ

Twitterでシェア

 木村拓哉さんと工藤静香さんの次女でモデルのKoki,(コウキ)さんが1月24日、大阪市内で行われた、女優デビュー作となる初主演映画「牛首村(うしくびむら)」(清水崇監督、2月18日公開)の試写会の舞台あいさつに登場した。大阪のシンボル「通天閣」から運んだという幸運の神様「ビリケンさん」と、“ビリケンさん”に牛首をかぶせた「牛首(うしくび)リケン」の2体が登場すると、笑顔を見せていた。

 舞台あいさつには共演した俳優の高橋文哉さん、清水監督も出席した。この日、同作がポルトガルで行われるポルト国際映画祭のコンペティション部門に出品されることが発表された。

 Koki,さんは映画祭出品について「とてもうれしいです。じわじわ迫ってくるジャパニーズホラーを海外の方にもぜひ体感してほしい」とコメント。「英題はOX-HEAD VILLAGE(オックス・ヘッド・ビレッジ)です」と流ちょうな発音で発表すると、清水監督は「発音がネーティブ」と驚いていた。    映画は2020年2月公開の「犬鳴村」、2021年2月公開の「樹海村」に続く「恐怖の村」シリーズ第3弾。北陸に実在する心霊スポットが舞台で、女子高生の奏音(かのん、Koki,さん)はある日、自分そっくりな女子高生が映っている心霊動画を見る。牛首マスクを無理やりかぶせられたその女子高生が廃虚に閉じ込められたところで映像は途切れた。奏音は何者かに導かれるように、クラスメートの蓮(萩原利久さん)と共に動画の撮影地・坪野鉱泉へと向かう……という展開。Koki,さんは奏音と妹・詩音(しおん)の一人二役を演じ、高橋さんは詩音の恋人、将太を演じた。

 *……Koki,さんの「o」はマクロン付き

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事