検索
トークバラエティー番組「A-Studio+」に出演する吉岡里帆さん=TBS提供
1 / 4

トークバラエティー番組「A-Studio+」に出演する吉岡里帆さん=TBS提供

吉岡里帆:芸能人オーラなし? “全くあざとくない素顔”が明らかに ブレーク前にはぞんざいに扱われたことも 「A-Studio+」初出演

 女優の吉岡里帆さんが、5月13日に放送されるトークバラエティー番組「A-Studio+(エー・スタジオ プラス)」(TBS系、金曜午後11時)に初出演する。ドラマ「カルテット」で魔性の女を演じてブレークを果たした吉岡さんだが、友人たちの証言で“全くあざとくない素顔”が明らかになる。また予告動画では、友人からのサプライズプレゼントに「みんなの字を見るだけで、思い出が『わっ』て……」と涙する姿も映し出される。

 「A-Studio+」は、笑福亭鶴瓶さんと人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の藤ヶ谷太輔さんがMCを務める番組。MCがゲストの家族や友人、知人などに取材を行い、取材で得た情報を基にゲストの素顔に迫る。

 大学では書道の勉強をしていたという吉岡さん。鶴瓶さんは吉岡さんの大学時代からの友人たちに取材する。芸能活動と書道の勉強の両立に悩んでいた吉岡さんの背中を押してくれた学友たちへの感謝や、夢のためにバイトをいくつも掛け持ちしながら頑張っていた思い出などが、当時の貴重な写真と共に語られる。

 また鶴瓶さんは、吉岡さんが下積み時代からお世話になっており、今では飲み友達の俳優・石倉三郎さんにも取材。石倉さんは「芝居への情熱はすごかったが、まさかここまで売れるとは……」と語る。また吉岡さんからはドラマ「カルテット」で演じた魔性の女・来杉有朱役にまつわるエピソードも。嫌われてもいいから全力で演じたことが、自身の転機になったと振り返る。このほかブレークする前にはぞんざいな扱いを受けていたという驚きのエピソードも語られる。

 一方、藤ヶ谷さんは吉岡さんの地元・京都の幼なじみたちに取材。「世間ではあざとそうみたいなイメージがあるけど真逆、キツネではなくサルみたいに活発な人」、「芸能人なのにオーラが全くない」など幼なじみだからこそ知っている吉岡さんの素顔が明かされていく。

 ほかに家に遊びに行くほど仲良しの女優・愛原実花さんにも取材。MCの2人と共演したドラマの撮影の苦労話や撮影後のエピソードも語られる。番組ラストには、大学時代の仲間からのサプライズプレゼントに涙する姿も。

写真を見る全 4枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事