検索
「2022ミス・アース・ジャパン」のファイナリスト
1 / 50

「2022ミス・アース・ジャパン」のファイナリスト

2022ミス・アース・ジャパン:ファイナリスト22人お披露目 「美しい環境を残せるように」と意気込み 元宝塚男役も

 「2022ミス・アース・ジャパン」のファイナリストが7月7日、東京都内で発表され、ファイナリスト26人のうち、22人が勢ぞろいした。26人は7月26日に開催される「2022ミス・アース・ジャパン日本大会」でグランプリを目指す。ファイナリストには、「2020オリオンキャンペーンガール」のミス沖縄・比嘉あいりさんや、宝塚歌劇団元雪組男役(旧芸名・陽向春輝)のミス宮城・大原万由子さんなどが選ばれた。大原さんは欠席した。

 「ミス・アース」は、ミス・ユニバース、ミス・インターナショナル、ミス・ワールドと並び、世界4大ミス・コンテストの一つに数えられる美の祭典。今年で12回目を迎えた。地球環境保護に対する意識を重視しているのが特徴で、世界大会には例年80カ国以上の国の代表が参加している。今回の応募総数は約2000人。

 集まったファイナリストは「日本の食、フィットネス文化に力を尽くし、人、動物、地球すべてを“健康”にいたします」(ミス東京・菊地由夏さん)、「これから生まれてくる新しい命に、美しい世界、美しい環境を残せるよう努めてまいります」(ミス福岡・上野寿弥さん)と、それぞれ意気込みを語った。

 日本大会では、ファイナリストがカジュアルウエア審査、水着審査、ドレス審査に挑む。世界大会の日時と場所は未定。

 ◇ファイナリスト(敬称略、カッコ内は年齢)

濱木琴音(21)北海道、大学生▽山本芽生(25)青森、女優▽奥間愛理(21)岩手、大学生▽大原万由子(28)宮城、元宝塚女優▽古川咲愛耶(27)秋田、会社員▽阿部さくら(24)山形、イベントコンパニオン▽橋本チェルシー由季(24)福島、会社員▽滑川舞衣(25)茨城、美容関係▽松本真映(25)埼玉、会社員▽菊地由夏(25)東京、会社員▽清水莉季加(21)新潟、元エステティシャン▽又川愛(19)富山、専門学生▽村橋莉菜(19)石川、大学生▽加藤紗也佳(26)福井、会社員▽赤沼詩織(26)長野、会社員▽徳山愛乃(19)静岡、大学生▽小椋香菜子(27)滋賀、医療関係▽遠藤希林(25)京都、会社員▽加藤聖可(27)大阪、モデル▽太田成美(23)兵庫▽加藤理子(21)香川、学生▽吉松音々(22)愛媛、大学生▽上野寿弥(25)福岡、管理栄養士▽森綺羅里(20)熊本、学生▽首藤もと花(28)大分、保育士▽比嘉あいり(25)沖縄、モデル

写真を見る全 50枚
Twitterでシェア

ビューティー 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事