検索
10月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ「PICU小児集中治療室」(仮題)で主演を務める吉沢亮さん
1 / 1

10月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ「PICU小児集中治療室」(仮題)で主演を務める吉沢亮さん

吉沢亮:月9初主演で医師役に初挑戦「未熟さ、葛藤などを丁寧に描ければ」 “子供のためのICU”描く 10月スタート

 俳優の吉沢亮さんが、10月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ「PICU小児集中治療室」(仮題)で主演を務める。吉沢さんは月9初主演。小児科医・志子田武四郎(しこた・たけしろう)役で、医師役にも初挑戦する。

 吉沢さんは「命とどう向き合うか。人の死から何を学ぶのか。そんなシンプルでありとても深い、普遍的なテーマになんの小細工もなく真っ正面から向き合う作品になると思います。人の命を救うのは神様でもスーパーマンでもない。救う側の人間としての未熟さ、葛藤などを丁寧に描ければ」と意気込んでいる。

 また月9主演への思いを「個人的に子供の頃から、“野球と言えばイチロー”、“ドラマと言えば月9”ってくらいおなじみ感があるものだと勝手に思ってましたので、その主演をやらせていただけるっていうのはもう。ありがとうございます。よろしくお願いします」と明かしている。

 「PICU」は「Pediatric Intensive Care Unit」の略称で小児専門の集中治療室のこと。高度かつ集中した治療が必要とされるおよそ15歳以下の子供を対象にした、いわば“子供のためのICU”で、同作はそんな「PICU」をめぐる医師の奮闘を描くメディカル・ヒューマンドラマ。

 ドラマの舞台は北海道。雄大な大地が人々を魅了するが、広大すぎるがゆえに搬送までに長時間を要することも少なくなく、刻一刻を争う急患の子供たちにとっては残酷な土地でもある。そんな「大規模なPICUの運営は極めて困難」と言われてきた北海道で、駆け出しの小児科医が先輩医師と共に、どんな子供でも受け入れられるPICUを作るため、また1秒でも早くPICUに搬送できる医療用ジェット機の運用を可能にするために奔走する姿を描く。

 吉沢さん演じる志子田武四郎は、北海道で生まれ育った27歳の小児科医。幼い頃に父を亡くし、女手一つで育ててくれた母・南(みなみ)と二人暮らし。母思いで料理上手、家事全般もそつなくこなす優しい青年だが、大事な場面で不器用さを発揮することも。実家から通える病院であれば何科でも良いと考え小児科医になったという経緯がある。安定志向の持ち主で、不器用で純朴、泣き虫で未熟な“どさんこドクター”という役どころ。

 そんな武四郎はある日、勤務先の病院に新設されたPICUに異動することになり、そこでPICU医の植野元(うえの・はじめ)と出会う。植野は日本各地でPICUの整備を推し進めてきた小児集中治療のパイオニア。「日本一広大な自然を相手に、医療用ジェット機を運用した日本屈指のPICUを作る」という“最後の大仕事”を成し遂げるため、東京からはるばるやってきていた。

 陸路での搬送が絶望的な北海道で、医療用ジェット機で雄々しい山を越え1秒でも早く搬送すること。そしてどんな状況のどんな子供であっても全員を受け入れられるPICUを作ること。そんな確固たる覚悟を持ってやってきた植野との出会いが、武四郎の小児科医人生を大きく変えていく……というストーリー。

写真を見る全 1枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事