検索
平野紫耀さんが主演する連続ドラマ「クロサギ」のビジュアル=TBS提供
1 / 1

平野紫耀さんが主演する連続ドラマ「クロサギ」のビジュアル=TBS提供

平野紫耀:「僕のイメージは“だまされる”側」? 10月連ドラ「クロサギ」で詐欺師役に 「本気でだましにいきたい」

 人気グループ「King & Prince」の平野紫耀(しょう)さんが、人気マンガを実写化した10月スタートの連続ドラマ「クロサギ」(TBS系、金曜午後10時)で主演する。詐欺によって家族を失った主人公・黒崎高志郎が「詐欺師をだます詐欺師=クロサギ」となって、本当の「敵」を探し出し、打倒する物語。

 平野さんは「オファーをいただいたときは、うれしいと同時にびっくりしました。恐らく世間の皆さまが知っている僕のイメージは“だまされる”側だと思うので(笑い)。“詐欺師をだます詐欺師”という役をやらせていただけることは、とても光栄です」とコメント。「このドラマでは、『クロサギ』として本気でだましにいきたいと思っています!」と意気込んでいる。

 ドラマは、黒丸さん、夏原武さん(原案)によるマンガ「クロサギ」が原作。マンガが連載中の2006年に山下智久さん主演で実写ドラマ化され、2008年には映画化もされた。今回は2013年に完結したマンガシリーズを実写化した“完全版”で、2022年の日本が舞台。平野さんは同局のドラマ初主演。

 平野さん演じる黒崎は15歳の時、詐欺被害にあった父が起こした事件をきっかけに家族を失い、詐欺師への復讐(ふくしゅう)を決意。「クロサギ」という生き方を選び、人をだまして金銭を奪うプロの詐欺師「シロサギ」を詐欺のターゲットにする。表向きは自らが住むアパートの大家をしており、一見、人当たりの良いごく普通の青年という役どころ。

 平野さんは「頭が切れて1人でひょうひょうと生きる黒崎は、純粋にかっこいいなと思います。もちろん人をだますこと以外ですが、何事もスマートにこなす人間力や強さには憧れる部分もあります。ただ黒崎の気持ちになって台本を読んでいると、彼が抱える痛みもどんどん伝わってくるんですよね」と話し、「『クロサギ』として強い部分を持っている中でも、壮絶な過去を背負った黒崎の繊細さや柔らかさというのは忘れずに演じていきたいです」と語った。

 また「この作品では今までの僕のイメージを一気に払拭(ふっしょく)して、新たな一面をお見せできたら。『クロサギ』という作品の魅力、そして僕が感じているドキドキやワクワクが見てくださる皆さまにも伝わるように、楽しみながら精いっぱい演じさせていただきます。ぜひ楽しみにしていてください」と話している。

写真を見る全 1枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事