検索
第35回東京国際映画祭のレッドカーペットに登場した永野芽郁さん
1 / 50

第35回東京国際映画祭のレッドカーペットに登場した永野芽郁さん

今週のファッションチェック:永野芽郁、橋本愛が華やかドレス 玉城ティナは大胆ドレス 清原果耶、王林も 前編

 1週間の女性有名人のファッションを紹介する「今週のファッションチェック」。今回(10月18~24日)は永野芽郁さん、橋本愛さん、玉城ティナさん、清原果耶さん、王林さんらが華やかなファッションで登場した。前後編で取り上げる。

 永野さん、橋本さん、玉城さんは10月24日、同日、東京都内で開幕した第35回東京国際映画祭(TIFF)のレッドカーペットに登場した。永野さんは総スパンコールのスレンダーなドレス姿で、集まった観客を魅了した。ドレスは片側がノースリーブ、もう片側はサムホールのついた長袖というアシンメトリーなデザイン。黒いネイルが着こなしのアクセントになっていた。

 橋本さんはクラシカルなムードのモノトーンコーデ。ミニ丈のスカートに膝上まであるロングブーツを合わせて長い美脚を際立たせていた。白いレースのスタンドカラーや、フレアな袖が目を引き、ミニスカートにあしらわれたロング丈のレース越しに美脚をのぞかせていた。ヘアはすっきりと一つにまとめ、ベルベット調の長いリボンをなびかせていた。

 玉城さんは斬新なカットのブラックドレスで登場し、引き締まったウエストと、すらりとした美脚を披露した。ドレスはバストの下からウエストにかけて大胆にカットされたデザイン。背中側もウエスト部分が大きく開いており、ほっそりしたウエストをのぞかせていた。スカート部分は前面に大きくスリットが入り、美脚を見せていた。

 清原さんは24日、TOHOシネマズ梅田(大阪市北区)で開催された、公開中の映画「線は、僕を描く」(小泉徳宏監督)のイベント「公開記念舞台あいさつin大阪」に出席した。グリーン系のスリット入りワンピースに、ハイヒールのショートブーツを合わせたシンプルコーデだった。ワンピースはふんわり袖のシャツ風デザイン。キラリと光るイヤリングを合わせていた。

 王林さんは20日、東京都内で行われた映画「スペンサー ダイアナの決意」(パブロ・ラライン監督、公開中)の「公開御礼イベント」に登場した。大胆なデザインの超ミニ丈の黒いベアトップドレスで美脚やデコルテを披露した。胸元には大きなストーンがあしらわれた3連パールネックレスを合わせて、華やかさをプラスしていた。この日はウエディングドレスでも登場した。

写真を見る全 50枚
Twitterでシェア

ファッション 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事