検索
映画「月の満ち欠け」の公開前夜祭舞台あいさつに登場した「Snow Man」の目黒蓮さん
1 / 13

映画「月の満ち欠け」の公開前夜祭舞台あいさつに登場した「Snow Man」の目黒蓮さん

Snow Man目黒蓮:大泉洋のぼやき待ち? あえて“禁止”の厚底靴で登場 前世についても語る

 人気グループ「Snow Man(スノーマン)」の目黒蓮さんが12月1日、東京都内で、俳優の大泉洋さんが主演を務める映画「月の満ち欠け」(廣木隆一監督、12月2日公開)の公開前夜祭舞台あいさつに、大泉さんらと登場した。目黒さんを「バラエティータレントとして育ててきた」という大泉さんから、「(目黒さんは)背が高いので厚底(靴)を履くなと言ってあったのに、きょうも履いてきた」とぼやかれると、「スタイリストさんが2足用意してくれていて、こっち(厚底)を選びました。また大泉さんにぼやかれたくて(笑い)」と種明かしした。

 映画は「生まれ変わっても、あなたに逢(あ)いたい」というキャッチフレーズがついており、そのストーリーにちなみ、自分の前世の予想を問われると、目黒さんは「僕は牛です」と即答。干支(えと)が丑(うし)で、マイペースで動きが遅くのろのろとしている感じが牛っぽいという理由も話した。また「小さいときに家族でご飯を食べてると、僕だけ2時間くらいかかっていた」と過去のエピソードを告白した。大泉さんは「牛はけっこうな勢いで牧草を食べるから一緒にするな」とツッコんでいた。

 同作は、第157回直木賞を受賞した佐藤正午さんの同名小説(岩波書店)が原作。愛する妻(柴咲コウさん)と娘を事故で失った小山内堅(大泉さん)の元に、三角(目黒さん)と名乗る男が訪ねてくる。三角は、小山内の娘と同じ名前を持ち、自分がかつて愛した女性(有村架純さん)について語り出して……というストーリー。

 この日は大泉さん、柴咲さん、有村さん、廣木監督も出席した。

写真を見る全 13枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事