検索
ファッション誌「InRed」2月号の表紙
1 / 1

ファッション誌「InRed」2月号の表紙

2023年のファッショントレンド:おしゃれ度アップのマストアイテムはベスト ツイード素材に注目 アクセはボリューミーに 前編

 新しい年を迎え、今年のファッショントレンドが気になる時期。コロナ禍での行動制限が緩やかになっており、外出をしてファッションを楽しみたい気持ちが高まっているのでは。30代女性向けファッション誌「InRed(インレッド)」(宝島社)の橋爪尚子編集長は「外出する機会を大切に考え、おしゃれを楽しむというムードが強くなっている」と話す。「今年らしいコーデにはまずベストを取り入れるべき」という橋爪編集長にアラサー、アラフォー向けに今年注目のファッションを聞いた。前後編で取り上げる。

 ◇手に入れておきたいアイテムはベスト 注目素材はツイード

 まず手に入れておきたい便利なアイテムはベストだという。「レイヤード(重ね着)は昨年に引き続き人気なので、ベストは重宝します。Tシャツとボトムというシンプルなコーデに、ベストを入れるだけでおしゃれ度がグッと上がります」

 1枚でベストとシャツの重ね着風になったアイテム、ベストとトップスがセットになったアイテムを出しているブランドもある。「まずはそれで合わせ方のお手本を知り、手持ちのアイテムで応用していくのもいいですね」とすすめる。

 素材で注目なのはツイード。「ツイードやツイード見え素材がトレンド。ベスト、スカートなど、さまざまなアイテムが出ています。黒っぽいものに白がミックスされているものなど、ベーシックな色から取り入れてみるとよさそうです」

 ◇ショート丈トップス×ハイウエストボトムで“脚長効果”を狙う

 トップスで挑戦すべきデザインは、ショート丈。「10、20代に人気だったショート丈トップスが大人世代向けにも出てきています。いつもより少し短いだけでトレンド感があります」。ショート丈アイテムは、アウターやパーカーもあるというので、注目したい。

 定番のデニムはストレートに注目。「ハイウエストで先ほどトップスで紹介した短い丈のアイテムと合わせると脚長効果が抜群です。色もインディゴだけではなく、春夏は薄い色でサラッと着こなすのもステキです」

 スカートのシルエットはマーメードとIラインのロングタイトが多いという。「トップスを選ばず、主役になれるアイテムです。特にマーメードはちょっとだけ新鮮なので取り入れやすく、春夏のお出かけしたくなる気持ちが上がります」と提案する。

 靴はビットの付いたローファーなど“重め”がトレンド。ロングブーツも春先まで人気が続きそうだという。「ロングブーツに長めのスカートを合わせて、歩くときにちらっと見えるのが今っぽい。ヒールはあまり高くなく、歩きやすいものが多いです。白いブーツも新鮮です」。白のブーツはハードルが高い印象だが、ショートブーツを選ぶと、コーディネートしやすいという。

 ◇アクセはボリューミーなデザインを重ねづけ

 アクセサリーの注目は重ねづけ。「指輪、イヤーカフ、ネックレスなど、複数遣いで楽しむ傾向にあります。きゃしゃなデザインのものより、少しボリューミーなデザインが多いです」

 また、バッグはミニサイズが引き続き主流に。スマホショルダーを活用している人も多く、バッグ自体がさらに小ぶりになっていると考えられる。

<プロフィル>

 はしづめ・なおこ 山梨県出身。大学卒業後、鉄鋼メーカーで営業事務を経た後、編集人生をスタート。2009年に宝島社へ入社後は「steady.」編集部に配属。2014年から「steady.」編集長を経て、2022年8月から「InRed」編集長に。

 *InRed……好奇心旺盛な30代女性を応援する雑誌として2003年に創刊。コンセプトは「35歳、ヘルシーに! 美しく!」。自由に使えるお金が増え、興味の範囲が広がった30代女性のすぐに役立つ実用雑誌として、ファッションだけでなくライフスタイル全般を網羅している。2月号(1月7日発売)の表紙は女優の綾瀬はるかさん。

写真を見る全 1枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事