検索
週末シネマ占い
1 / 1

週末シネマ占い

週末シネマ占い:12星座別 1月7、8日の運勢

 週末の12星座の運勢を、おすすめの映画とともにお届けします。(占い章月綾乃

 ◇おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

 運気が強すぎて、恋愛が後回しになりそうな2023年。「Blind Mind(ブラインド マインド)」など男女の出会いがテーマの映画で、ときめく感覚を思い出して。

 ◇おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

 アニメーションの世界から元気がもらえそう。「名探偵コナン 灰原哀物語~黒鉄のミステリートレイン」「かがみの孤城」をチェック。

 ◇ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

 あなたが求めているのは、スリリングな刺激。「非常宣言」で、非日常の体験を。先が見えない極限状態で、五感を研ぎ澄ませて!

 ◇かに座(6月22日~7月22日生まれ)

 新年の始まりにふさわしいのは、「Dr.コトー診療所」「とべない風船」など人に寄り添うドラマ。共感力を磨いて、運気を高めましょう。

 ◇しし座(7月23日~8月22日生まれ)

 音楽でテンションを高めて。「中島みゆき 劇場版 ライヴ・ヒストリー2」「Mr.Children『GIFT for you』」が開運力高め。

 ◇おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

 真っすぐな思いが道を開く2023年、「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」で、あなたが目指すべき指針を手に入れて。

 ◇てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

 お正月疲れが心配です。思い切り笑える映画か、「ラーゲリより愛を込めて」などシリアスな映画か、振り切った作品で軌道修正を。

 ◇さそり座(10月24日~11月22日生まれ)

 原点返りが2023年のテーマ。「おばあちゃんの家」で優しく、懐かしい時間を過ごして。忘れていた大事な記憶も取り戻せそう。

 ◇いて座(11月23日~12月21日生まれ)

 正義感が高まっています。自分の心が導く方向に進んでいきましょう。「正直政治家 チュ・サンスク」や「ファミリア」に注目を。

 ◇やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

 夢見る力が不足気味。「ドリーム・ホース」や「THE FIRST SLAM DUNK」の高揚感で、あなたの中に眠る願望達成パワーを覚醒させましょう。

 ◇みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

 絆がテーマ。40年に及ぶ恋を描いた「離ればなれになっても」や父と娘の心の軌跡を描く「フラッグ・デイ 父を想う日」が響きそう。

 ◇うお座(2月19日~3月20日生まれ)

 金運アップを狙いましょう。「近江商人、走る!」「嘘八百 なにわ夢の陣」が、人の欲望と善意の落とし所を探る手掛かりに。

 <プロフィル>

 章月綾乃(しょうづき・あやの) 占術研究家・心理テストクリエーター。雑誌やウェブを中心に活躍。映画館で映画を見るチャレンジを継続中。年間150本が目標。マンガ誌「増刊flowers(フラワーズ)」(小学館)、ウェブサイト「ananweb」「GINZA」(ともにマガジンハウス)、生活情報誌「ESSE(エッセ)」(扶桑社)、ウェブサイト「ハルメクweb」(ハルメク)、「BIOPLE(ビープル).jp」(マッシュビューティーラボ)、「mer(メル)」(学研)で連載中。宇野実彩子さんのファンブック「Uno Book」(MOGURA BOOKS、発売中)で心理テストを手がけた。著書多数。

写真を見る全 1枚
Twitterでシェア

星占い 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事