検索

内田有紀:「いつも心に太陽を」 祖母の影響で大切にしている言葉を語る 40代になってからの心境の変化も

Twitterでシェア

 女優の内田有紀さんが出演する、ヤクルトのヨーグルト「ソフール」の新CMが1月23日、公開される。撮影後のインタビューが19日、公開され、内田さんは祖母の影響で大切にしている言葉や、40代になってからの心境の変化などを語っている。

 インタビューで大切にしていることについて聞かれた内田さんは「うちの祖母が国語の先生だったんですね。言葉をすごく大切にする人だったんです。その祖母が『いつも心に太陽を』っていう言葉をとっても大事にしていました。この言葉をいつも、私は胸に抱きながら今日まで来ていると思います」と話した。

 さらに「人生ってうまくいくばかりじゃない。突然起きるつらい出来事や悲しい出来事が当たり前のようにあるから、そんなときでも必ず『いつも心に太陽を』と思いながら今日まで来ました。そうすると自分のことも照らせるし、こういう職業柄、見ている方の心が少しでも救われたりとか……できたらなと思って、祖母の言葉を大切に日々を過ごしています」と女優業について触れつつ、思いを明かした。

 また日頃心がけていることを聞かれると「今まで人の目を意識して生きてきている部分が少しあったんですけど、40歳を超えたあたりから人の目を気にせずに自分の気持ちに素直に従って歩いていきたいなと思うようになってきたんです」と心境の変化があったことを告白。

 「(それまでは)友達と何かを食べに行ったとき、一人が注文したものに『じゃあ私もそれ!』ってあまり自分の意見を言わずにきたんですけど、私は全然違うものが食べたいと思ったときにそれを言ってみようと思ったんです。

 人と合わせるだけではなくて、自分らしく自分の食べたいものを言えるようになろうって思って、最近はそれをモットーにしているというか、人と合わせるだけじゃなくて自分が思うことに素直に従おうと思っています」と明かした。

 新CMは「おヨーグルト編」で15秒。内田さんは、チャンネル登録者数170万人を誇る人気Vtuber「壱百満天原(ひゃくまんてんばら)サロメ」さんと共演している。真っ白い空間で内田さんがテーブルの「ソフール」を手に取ると、サロメさん扮(ふん)する「天の声」が突然聞こえ、内田さんとサロメさんの掛け合いが始まる……という内容。

エンタメ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事