検索
11月21日放送のトーク番組「徹子の部屋」に出演する齋藤悌子さん=テレビ朝日提供
1 / 3

11月21日放送のトーク番組「徹子の部屋」に出演する齋藤悌子さん=テレビ朝日提供

齋藤悌子:沖縄出身88歳のジャズシンガーが歌う「ダニーボーイ」 ベトナム戦争時の沖縄では若い兵士の目に涙も 「徹子の部屋」で 

 沖縄出身の88歳のジャズシンガー、齋藤悌子さんが、11月21日に放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系、月~金曜午後1時)に出演する。齋藤さんは米軍統治下の基地で活動した。ベトナム戦争時、戦地へ向かう若い米兵の涙を誘った「ダニーボーイ」と「テネシーワルツ」を黒柳さんの前で披露する。

 齋藤さんは、高校卒業時に米軍基地のジャズクラブのオーディションを受けて合格。英語も分からないまま、10年以上専属歌手を務めた。当時のショーは米兵からのリクエストに応える形式だったという。

 齋藤さんにとって思い出深い曲は「ダニーボーイ」だという。戦地に赴いた息子を思う母の切ない気持ちを表現したといわれている歌詞で、ベトナム戦争時、これから戦地に向かう若い米兵たちは、齋藤さんの歌う「ダニーボーイ」を聴いて涙を流していたと振り返る。

写真を見る全 3枚

エンタメ 最新記事

アクセス上位記事