検索
連続ドラマ「海のはじまり」第3話の一場面(C)フジテレビ
1 / 2

連続ドラマ「海のはじまり」第3話の一場面(C)フジテレビ

有村架純:恋人、恋人の娘と休日を過ごすことに 「3人の感じ、憧れのやつに…」 目黒蓮主演連ドラ「海のはじまり」3話のあらすじ公開

 人気グループ「Snow Man」の目黒蓮さん主演のフジテレビ系“月9”枠の連続ドラマ「海のはじまり」(フジテレビ系、月曜午後9時)。7月15日に放送される第3話のあらすじと場面写真が公開された。ドラマの公式SNSでは予告動画も公開され、目黒さん演じる月岡夏と、有村架純さん演じる百瀬弥生、夏の娘が手をつないで、有村さんが「3人のこの感じ、絶対憧れのやつになってる」というシーンなどが映し出される。

いま、推されてます

 ドラマは、脚本が生方美久さん、演出が風間太樹さん、プロデュースが村瀬健さんと、2022年10月期に放送された「silent」チームが再集結し、“親子の愛”をテーマに描く完全オリジナル作品。

 夏は恋人の弥生に、自分に娘がいることを話した。そして、亡くなった大学時代の恋人・南雲水季(古川琴音さん)と別れた時のこと、彼女が海(泉谷星奈ちゃん)を産み育てていたことは知らなかったが、妊娠したことは知っており、堕ろしたと思っていたことも正直に伝えた。

 夏の話を聞いた弥生は、自分の過去に思いをはせる。夏に言えずにいる自分の過去の記憶を胸に秘めたまま、弥生は、夏が父親になるのであれば、自分が母親になることも選択肢に入れて欲しいと夏に告げた。

 南雲家を訪れた夏は、そこで海と再会する。夏が会いに来てくれたことがうれしい海は、大喜びして、はしゃぎすぎて疲れ果て眠ってしまう。海の祖母・朱音(大竹しのぶさん)は、海が起きた時にいてくれたら喜ぶからと言って、夏に夕食を食べていくよう促す。準備を手伝う夏に、水季に対する思いを語る朱音。

 夏から電話を受けた母・ゆき子(西田尚美さん)は、父・和哉(林泰文さん)と弟・大和(木戸大聖さん)に夏から家族全員に話があると言われたことを告げる。弥生との結婚報告ではないかと盛り上がる月岡家。

 一方、休日を海と一緒に過ごすことになった夏は、弥生を連れて南雲家を訪れる。一緒に来た弥生を見て、複雑な思いを抱く朱音。海の希望で水季が働いていた図書館に行くことになった3人は、そこで津野(池松壮亮さん)と会い……。

連続ドラマ「海のはじまり」のX(旧ツイッター)

いま、推されてます

写真を見る全 2枚

エンタメ 最新記事

アクセス上位記事