検索
「第40回日本アカデミー賞」で最優秀助演女優賞を受賞した杉咲花さん
1 / 1

「第40回日本アカデミー賞」で最優秀助演女優賞を受賞した杉咲花さん

日本アカデミー賞:最優秀助演女優賞は杉咲花が初受賞で感涙 “母”宮沢りえに感謝

 「第40回日本アカデミー賞」の授賞式が3日、東京都内で開かれ、映画「湯を沸かすほどの熱い愛」(中野量太監督)で杉咲花さんが最優秀助演女優賞を受賞した。杉咲さんは「今日が(来るのが)怖すぎて」と賞発表まで緊張状態にあったことを明かし、「一番の幸せはこの作品に携わらせていただいたことで、やっぱりうれしいです」と涙ながらに語った。

 杉咲さんは緊張のあまり2週間ほどよく眠れなかったといい、「眠れたら眠れたで、悪夢を見て。肌がぶつぶつザラザラになったりして……」と明かすと、「昨日、お母ちゃん、宮沢りえさんに『どうしよう』ってメールしたら『どんな結果であっても得たものは変わらないから』ってメールいただいて、『本当にそうだな』って」と映画で母を演じた宮沢りえさんのサポートに感謝していた。

 「湯を沸かすほどの熱い愛」は、「死にゆく母と、残される家族が紡ぎだす愛」をテーマにした感動作。銭湯「幸の湯」を営む幸野家は父が1年前にふらっと出奔(しゅっぽん)し、銭湯は休業状態。母・双葉(宮沢さん)は持ち前の明るさと強さでパートをしながら、娘を育てていたが、ある日、突然「余命わずか」という宣告を受ける。その日から双葉は、絶対にやっておくべきことを決め、実行していく……というストーリー。杉咲さんは双葉の娘で引っ込み思案な少女・安澄を演じた。

 同賞は日本の映画芸術、技術、科学の向上発展のために設けられ、選考は日本アカデミー賞協会員の投票で行われる。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る