検索
映画「銀魂」のジャパンプレミアに登場した菅田将暉さん(左)と小栗旬さん
1 / 15

映画「銀魂」のジャパンプレミアに登場した菅田将暉さん(左)と小栗旬さん

今週のイケメン:小栗旬 主演映画イベント&新映像公開 ディーンがピアノ演奏 綾野剛の主演連ドラ続編放送へ 前編

 1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(6月22~28日)は、小栗旬さんが主演映画「銀魂(ぎんたま)」のジャパンプレミアに登場し、同作の新たな映像が公開された話題、ディーン・フジオカさんがピアノを弾く姿を収めた動画が公開された話題、綾野剛さん主演で2015年に放送された連続ドラマの続編が放送されるニュースなどが注目された。前後編で取り上げる。

 小栗さんは6月28日、東京都内で行われた主演映画「銀魂」のジャパンプレミアに菅田将暉さん、柳楽優弥さん、岡田将生さん、吉沢亮さんらと浴衣姿で登場。舞台あいさつでは、福田雄一監督をはじめ佐藤二朗さんやムロツヨシさんなど“福田組”の常連が、小栗さんや菅田さんらのコメントにボケたり、突っ込みを入れたりするなどして、にぎやかに進行し、小栗さんは苦笑い。最後のあいさつで「今、だいぶ伝わったと思いますが、こんな映画になっています」とキャストを代表してコメントしていた。

 また同作の特別映像が同23日、公開された。小栗さんが演じる主人公・坂田銀時の「銀時編」と、銀時が営む万事屋で働く志村新八が登場する「新八編」、神楽が登場する「神楽編」の3本のキャラクター動画で、それぞれのキャラクターが活躍するシーンなどが収められている。菅田さんが新八、橋本環奈さんが神楽を演じる。

 「銀魂」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2004年から連載されている空知英秋さんの人気マンガが原作。天人(あまんと)と呼ばれる異星人に占領された江戸時代を舞台に、なんでも屋を営む侍・銀時らが難題を解決する姿を描くSF時代劇コメディー。14日公開。

 フジオカさん主演で公開中の映画「結婚」(西谷真一監督)の本編映像が6月25日、公開された。フジオカさんがピアノを即興で演奏する姿が収められており、ピアノの音もフジオカさんが撮影時に即興で弾いたものが使用されている。

 映画は直木賞作家・井上荒野さんの同名小説が原作。フジオカさん演じる結婚詐欺師の古海(うるみ)健児が、小説家、空間コーディネーターなど次々と姿を変えて結婚詐欺を行い、だまされた女性たちが古海の行方を捜し始める。ついに古海の相棒・千石るり子にたどり着くのだが……というストーリー。

 綾野さんが産婦人科医と天才ピアニストという二つの顔を持つ主人公・鴻鳥(こうのとり)サクラを演じ、15年10月期に放送された連続ドラマ「コウノドリ」(TBS系)の続編が10月から放送されることが同22日、明らかになった。

 ドラマは、週刊マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中の鈴ノ木ユウさんの医療マンガが原作。前作では、主人公の鴻鳥サクラを軸に、医療だけでなく、赤ちゃんや妊婦、その家族にまつわる物語が描かれた。続編は、前作の2年後を舞台に「生まれること、そして生きること」というテーマで、原作のエピソードをベースにオリジナルで取材した題材を加えて描く。

 綾野さんは「前作が終わって3~4カ月たったころにお話をいただき、1年以上前から決まっていたので、ずっと僕の中で『コウノドリ』は生き続けたまま今まで来ています。“命”に関わる作品に、それを超えていろいろな方々と関われる作品に、そしてまた『コウノドリ』という作品が愛されたのだと思うと感謝しかありません」とメッセージを寄せている。

写真を見る全 15 枚
Twitterでシェア

イケメン 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る