検索
映画「リベンジgirl」の初日舞台あいさつに登場した桐谷美玲さん
1 / 16

映画「リベンジgirl」の初日舞台あいさつに登場した桐谷美玲さん

桐谷美玲:斉藤由貴の言葉に瞳潤ませ… 2年ぶり主演映画は「かなりの挑戦だった」

 女優の桐谷美玲さんが23日、東京都内で行われた主演映画「リベンジgirl」(三木康一郎監督)の初日舞台あいさつに、共演の斉藤由貴さんらと登場。桐谷さんの印象を聞かれた斉藤さんが「(今作の台本を読んだときに)難しくてハードルが高いなって感じました。物語をハンドリングするのがとっぴなキャラクターなので、桐谷さんの中で葛藤があったと思う。桐谷さんは華奢(きゃしゃ)で美しさがフィーチャーされがちだけど、頭の良い方で(役に)チャレンジしていた」と話すと、桐谷さんは目を潤ませていた。

 「リベンジgirl」は、桐谷さんの約2年ぶりの主演映画。東大首席でミスキャンパス1位という経歴を持ちながらも、極度の“性格ブス”という24歳の宝石美輝が、フラれた相手を見返すために初の女性総理大臣を目指す……というストーリー。斉藤さんは、美輝に可能性を感じている敏腕政治秘書の如月凪子を演じている。

 桐谷さんは「ありがとうございます。(演じた)宝石美輝は、私にとってかなりの挑戦でした。斉藤さんに、そういうふうに思ってもらえていたなんて。(斉藤さんと)すてきな関係性を築かせていただきました」とほほ笑んだ。

 舞台あいさつには、共演の鈴木伸之さん、馬場ふみかさん、清原翔さん、竹内愛紗さん、三木監督も出席。舞台あいさつでは、映画を漢字一文字で表現するというコーナーがあり、桐谷さんは「『宝』です。宝石の宝でもあり、皆さんの宝物になるような映画になれば」と、声を弾ませていた。

写真を見る全 16 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る