毎日キレイ

  1. HOME
  2. 彼女がキレイな理由 モデル・女優
  3. 記事
彼女がキレイな理由,モデル・女優

優香さん 結婚し失いたくない存在ができて変わったこと

映画「羊の木」に出演した優香さん

映画「羊の木」に出演した優香さん

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さんの主演映画「羊の木」(吉田大八監督)が2月3日に公開される。今作で、愛する人を殺して懲役7年の実刑を受け刑務所に入った女性、太田理江子役を演じた優香さん。理江子は市役所職員の月末(つきすえ・錦戸さん)の案内で寂れた港町・魚深市に移住し介護士として働き出すが、人を好きになることはやめられず、介護施設で出会った老齢の月末の父・亮介(北見敏之さん)を好きになってしまう……。優香さんに役作りについて、また女優の仕事について聞いた。

 ◇寂れた町にやってきた6人の元殺人犯

 「羊の木」は、山上たつひこさん原作、いがらしみきおさん作画の同名マンガが原作。市役所職員の月末は、寂れた港町・魚深市に移住してくる互いに見知らぬ6人の男女の受け入れを命じられる。月末は、一見普通に見える6人について、何かおかしいと感じ、やがて彼らが全員、元殺人犯であることを知る。6人の移住は、受刑者を仮釈放させ、過疎化が進む町で受け入れる国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文(あや、木村文乃さん)を巻き込み、小さな町の日常の歯車が狂い始め……というストーリー。元殺人犯役で、優香さんのほか北村一輝さん、市川実日子さん、水澤紳吾さん、田中泯さん、松田龍平さんが出演している。

 ◇ふと出てしまう色気と生々しさを演出

 優香さん演じた理江子は赤いルージュが印象的な女性だ。殺人犯になってしまったのは、「愛する人と愛し合っている最中に殺してしまった」という経緯があるが、優香さんは理江子について、「存在そのものが色っぽい」と表現する。「理江子は相手の方にそうしてくれと言われて、そうしたんです。自らの意思ではなく、主導は向こうにあって、そういうところもすごくいやらしいなという感じを受けていました。自分からすごく主張するのではなく、流されていくんだけれど、我慢できないというか、抑えたいけれど、触れたかったら触れちゃう人、というふうに考えました。何かすごく危ういというか。でもそういうところが生々しさがあって、すごく人間らしい」と表現する。

 演じるに当たっては「(理江子の)笑っているけど、ちょっと微妙な表情も意識した」と話す。「色気というものは、全く自分の中にはないので……(笑い)。分かりやすいお色気ムンムンというセクシーさではなくて、ふと出てしまう色気というふうに(監督が)おっしゃっていました。そして生々しさがあると言われていたので、その生々しさってどういう感じなんだろうなと考えて、“隙(すき)のある人”というふうに演じました」という。

 ◇特製のピチTを着て…

 理江子は月末の父・亮介と介護施設で出会い、亮介が歯を磨いている後ろ姿を見て恋に落ちてしまう。その前に、空港で月末と初めて出会うシーンでは、サイズが小さすぎてバストが強調された「ピチT(シャツ)」を着て、月末をドギマギさせる。空港のシーンの撮影では、「意外とピチTにならなくて(笑い)。Tシャツを(自分のサイズに合わせて)作ってもらいました」と予想外の苦労もあったようだ。

 「空港のシーンを撮ったあとに、歯磨きのシーンを撮って、そのあとトイレのシーンだったかな。色っぽいシーンを全部、撮影初日に撮ったという感じでした」と笑顔で振り返っていた。

 ◇家族の反応は?

 理江子は“隙がある人”だが、優香さん自身の隙がある部分は? 「自分では分からないな。でも、隙というか、自分ではちゃんとしているつもりでも、抜けている部分はあったりします。人の話を聞いているようで、聞いていなかったり。女性としてというか、人として大丈夫かって……」と笑う。

 これまで演じてこなかったこういった挑戦的な役について、家族の反応は? 「どうなんですかね。分からないです。でも、こんな大人っぽい私もいるんだよって。そういうふうに思ってもらえるかな(笑い)」と期待する。

 ◇結婚してから奥さん役が続く

 これまでにない役に挑戦するなど演技の幅を広げている優香さんにとって、女優の仕事とは? 「撮影している最中は全然楽しいとか思えていないんですが、終わった後にホッとして、完成したものを見て、ああ、やってよかったなとか、参加できただけでありがたいなという気持ちになります。そうやって、年齢を重ねていっても、まだまだいろんな挑戦をして、そのときどきでさまざまなものをちゃんとキャッチして役と出合えるように、一つ一つの仕事をきちんとできるようになりたいなと思います」と前向きに語る。

 2016年に俳優の青木崇高さんと結婚した優香さん。結婚して環境が変わったことで女優の仕事への影響はあったのだろうか。「正直あんまりないです。でも、今作とは別に、ここのところ奥さん役が続いたりして、まだ夫婦という関係は浅いですけれど、結婚して、失いたくない存在ができて、奥さんやお母さんという役が来たときに実感しているのかな」と語る。

 ◇10年後は…

 そんな優香さんに10年後を想像してもらうと、「47歳になってますね……。お仕事ももちろん大切ですし、プライベートでも家族として、ちゃんと自分たちなりの家族の形を築いていけてたらいいなあと思いますね」と思いをはせていた。

 次回は、今作の撮影秘話と休日の過ごし方や生き方などについて聞く。

 <プロフィル>

 ゆうか 1980年6月27日生まれ、東京都出身。スカウトされ、97年にデビュー。98年にドラマで女優デビュー。NHK大河ドラマには2004年の「新選組!」と15年の「花燃ゆ」に出演。16年に放送されたNHK総合の木曜時代劇「ちかえもん」で共演した青木崇高(むねたか)さんと同年に結婚。映画は02年に「恋に唄えば♪」で初主演し、第26回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。「体脂肪計タニタの社員食堂」(13年)に主演、その後、「黒執事」「悪夢ちゃん The 夢ovie」「WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~」(いずれも14年) 、「ギャラクシー街道」(15年) 、「人生の約束」「オーバー・フェンス」(共に16年)に出演。テレビ、映画、舞台などさまざまなジャンルで活躍している。最新出演映画「羊の木」は2月3日に公開。

彼女がキレイな理由 最新記事

彼女がキレイな理由:長澤まさみさん 体調維持の秘訣はストレスをためないこと「好きなものを食べる」

 女優の長澤まさみさんが、福田雄一監督初のラブストーリー映画「50回目のファーストキス」(6月1日公開)に俳優の山田孝之さんとダブ...

彼女がキレイな理由:中山美穂さん 女性は年を重ねて「むしろ深みが輝きになる」

 女優の中山美穂さんが5年ぶりに主演した映画「蝶の眠り」(チョン・ジェウン監督、5月12日公開)。中山さん演じる売れっ子の小説家が...

彼女がキレイな理由:中山美穂さん 劇中のような年下との恋愛「なくはないと思います」

 女優の中山美穂さんの5年ぶりの主演映画「蝶の眠り」(チョン・ジェウン監督)が、5月12日に公開される。中山さん演じる売れっ子の小...

彼女がキレイな理由:中山美穂さん 最近気になるファッションアイテムは「デニムのロングスカート」

 女優の中山美穂さんが約5年ぶりに主演した映画「蝶の眠り」(チョン・ジェウン監督)が、5月12日に公開される。中山さんが演じるのは...

彼女がキレイな理由:山本美月さん 「かなわない恋が好き」 やってみたいコスプレは?

 芥川賞作家の中村文則さんのサスペンス小説が原作の映画「去年の冬、きみと別れ」(瀧本智行監督、公開中)で、主人公・耶雲恭介の婚約者...

注目動画

アクセス上位記事