毎日キレイ

  1. HOME
  2. 本・シネマ
  3. 記事
本・シネマ

注目映画紹介:「ボス・ベイビー」おっさん風赤ちゃんに感情を揺さぶられる! 吹き替え版にムロツヨシ、芳根京子

映画「ボス・ベイビー」の一場面 (C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved

映画「ボス・ベイビー」の一場面 (C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved

 ユニバーサル・スタジオとドリームワークス・アニメーションが初タッグを組んだ「ボス・ベイビー」(トム・マクグラス監督)が、21日からTOHOシネマズ日本橋(東京都中央区)ほかで公開される。昨年、実写版「美女と野獣」を抑え、全米で初登場から2週連続1位のヒットを記録した話題作。赤ちゃんなのに中身はおっさんのボス・ベイビーが大騒動を巻き起こす。7歳のお兄ちゃんに偉そうに接し、オムツ姿でお金をばらまく姿などが笑いを誘う。背後の任務を知ると、子供から大人まで感情を揺さぶられること間違いなしだ。

 全米ベストセラー、マーラ・フレイジーさんの絵本「あかちゃん社長がやってきた」(講談社)を原案に、「マダガスカル」3部作などのマクグラス監督が手掛けた。

 両親の愛情を受け、幸せが永遠に続くと思っていた7歳のティム(マイルズ・バクシさん)の元に、弟ボス・ベイビー(アレック・ボールドウィンさん)がやって来る。黒いスーツにネクタイ、サングラスという大人のようないで立ち。四六時中パパとママに世話を焼かせるボス・ベイビーを、ティムは快く受け入れられない。ある日、赤ちゃんが大人口調で電話で話しているのを見てしまう。ボス・ベイビーは、ある任務のためにティムの家に送り込まれた会社員だった……という展開。

 「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」(2015年)などのボールドウィンさんのほか、スティーブ・ブシェーミさん、トビー・マグワイアさんが声の出演。日本語吹き替え版では、ボス・ベイビーの声を俳優のムロツヨシさん、兄ティムの声を女優の芳根京子さんが演じている。

 ベイビーはシャカシャカ歩き、親指を合わせて両手を前で組んで座り、眉間にしわを寄せる。上司のような偉そうな口調。最終手段は金をばらまく。可愛い見た目、オムツとおしゃぶりとミルクの赤ちゃんアイテムとは裏腹に、その中身とのギャップがあまりにも面白い。

 子供時代が無かったせいで、家族の愛を知らないことに気付いていないボス・ベイビーが、両親の愛情を当たり前と思っているティムと出会ってどうなっていくのか。弟に領分を取られたと思っているティムの子供らしい葛藤もこまやかに描かれる。2人の冒険物語には、あらゆる人の幼少時代の思い出や、人にとって本当に大事なものとは何か、が詰まっている。(キョーコ/フリーライター)

本・シネマ 最新記事

宇野昌磨選手:「25ans」で女性誌初表紙 りりしいタキシード姿披露

 フィギュアスケートの宇野昌磨選手が、28日発売の女性誌「25ans(ヴァンサンカン)」(ハースト婦人画報社)11月号の特別版で表...

樹木希林さん:黒木華を通じ次世代へメッセージ 若い人は「できるだけ本物を見たほうが…」

 15日に75歳で死去した女優の樹木希林さんと、黒木華さんの対談が、28日発売の女性誌「25ans(ヴァンサンカン)」(ハースト婦...

新垣結衣:「旅は刺激よりも癒やし」 チェックやニット帽で秋の“旅ファッション”

 女優の新垣結衣さんが表紙を飾った電子雑誌「旅色」(ブランジスタ)2018年10月号が25日、公開された。表紙では、新垣さんが、え...

水原希子:バッシングについての思い告白 「“自分サイコー”の精神を貫く」

 女優の水原希子さんが、女性ファッション誌「ViVi(ヴィヴィ)」(講談社)11月号(22日発売)の表紙に登場した。同号にはロング...

吉沢亮:新木優子、杉野遥亮との“プリクラ風”3ショットがCanCamに登場

 俳優の吉沢亮さん、新木優子さん、杉野遥亮さんの“プリクラ風”3ショット写真が、22日発売の女性ファッション誌「CanCam(キャ...

注目動画

アクセス上位記事