検索
連続ドラマ「文学処女」制作発表会に登場した森川葵さん(左)と城田優
1 / 19

連続ドラマ「文学処女」制作発表会に登場した森川葵さん(左)と城田優

森川葵:城田優が3年ぶり共演で「色気のある女性に」 “成長”に感心

 女優の森川葵さんと俳優の城田優さんがダブル主演する連続ドラマ「文学処女」(MBS・TBS)の制作発表会が29日、東京都内で行われ、森川さん、城田さんら主要キャストが出席した。2人は、2015年放送の連続ドラマ「表参道高校合唱部!」(TBS系)では教え子と先生という役で共演しており、3年ぶりの共演に城田さんは「久しぶりに会った時に『あれ、全然雰囲気違うぞ』と。明るくて可愛らしくて、3年前に感じなかった色気がありました」と、森川さんの成長ぶりに感心していた。

 森川さんが「大人な色気のある女性になったということですか?」と確認すると、城田さんは「それでいいです。2話のシーンで、お酒の力を借りた鹿子さん(森川さん)が出てくるんですが、エロかったですよ」とうなずき、メガホンをとったスミス監督も「まずかったですね。撮っていいのかなと思いました」と太鼓判を押していた。

 「文学処女」は、マンガアプリ「LINEマンガ」で連載中の中野まや花さんのマンガが原作。出版社の文芸編集部に勤める“恋を知らない女”月白鹿子(森川さん)と、人気小説家で“恋ができない男”の加賀屋朔(城田さん)の、いびつな関係から生まれる遅咲きの恋を描く。発表会には森川さん、城田さん、スミス監督のほか、中尾暢樹さん、泉里香さん、河原雅彦さんらが登場した。

 ドラマはMBSで9月9日から毎週日曜深夜0時50分、TBSで9月11日から毎週火曜深夜1時28分(初回のみ深夜1時29分)に放送される。

写真を見る全 19 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る