毎日キレイ

  1. HOME
  2. 彼女がキレイな理由 モデル・女優
  3. 記事
彼女がキレイな理由,モデル・女優

黒木華さん 「カッコいい女優」樹木希林さんと過ごした有意義な時間

映画「日日是好日」に主演した黒木華さん

映画「日日是好日」に主演した黒木華さん

 女優の黒木華さん主演の映画「日日是好日」(大森立嗣監督)が公開中だ。“お茶”を通して一人の女性の人生が豊かに彩られていくさまを描いたヒューマン作。9月に亡くなった共演の樹木希林さんとの思い出や、大森監督との仕事、さらに、印象深いシーンについて黒木さんに聞いた。

 ◇監督は「意外とセンシティブな方」

 映画は、エッセイスト森下典子さんの自伝エッセイ「日日是好日 『お茶』が教えてくれた15のしあわせ」(新潮文庫)を原作に、映画「まほろ駅前」シリーズ(11、14年)や「さよなら渓谷」(13年)などで知られる大森監督が自ら脚本を書き、メガホンをとった。黒木さんが主人公の典子を演じ、典子のお茶の師匠となる武田先生を樹木さんが、典子と共にお茶を習い始める同じ年のいとこ、美智子を多部未華子さんが演じている。

 大森監督との仕事は今回が初めてだった黒木さん。大森監督に対して、「大胆な方」というイメージを持っていたそうだが、画(え)作りについては「すごく細かくて、センシティブな方でした(笑い)」と語る。半面、「お芝居に関しては割と任せてくれて。もっと厳しく言われるのかなとか、怖いのかなと思っていたんですけど(笑い)、すごく優しかったです」と話す。

 ◇「原初的な踊り」に困惑

 茶道経験がなかった黒木さんにとって、お茶のシーンはもちろん難しかったが、「どうすればいいのだろう」と困惑したのが、雨の中で、父親役の鶴見辰吾さんに向かって、「ありがとうございます!」と感謝する場面だった。台本には、「原初的な踊りのよう」と書いてあり、大森監督からは「ダンサー的な踊りじゃなくていいから、心から湧き上がるものを動きにしてください」と指示された。「果たしてあれで正解だったのか分かりませんが、鶴見さんがそこに立っていてくださったので、それに助けられました。お茶より難しかったです」と苦笑まじりに告白する。撮影は一発オーケーで、胸をなでおろしたという。

 一方、楽しかったシーンは?と尋ねると「全部です」と笑う。「大好きなお茶菓子をいろいろ食べられましたし、(美智子との)カラオケのシーンは、自分のテンションも上がっていたので楽しかったです。お茶会のおばさま方のシーンもすごく楽しかったです。(実際のお茶会でも)本当に走るらしくて、着物を着て、髪を夜会巻きにされたおばさま方が、あんなに密集して走る姿を私は初めて見たので面白かったです。(お茶会に)行ってみたくなりました」と笑顔で振り返る。

 ◇着物の面白さに気付けた

 今作では、着物を着る場面もある黒木さん。普段の生活では、浴衣はよく着るのに対して着物は「仕事で着る機会が多い分、あまり着ない」といい、自身、着物の着方には「勉強不足」を感じていたそうだ。今回の撮影を通して、「お茶をする人の着物は、割と無地が多かったり、その中で、襟で遊ぶ人がいたりするのですが、そういうことがここ1、2年で面白いなと思えるようになりました」と話す。

 そういった面白さに加え、「ルールはあるけど、ルールの中で遊べるというのは、ルールを知らないとできないことだ」と気づかせてくれたのが、共演した樹木さんだという。樹木さんが亡くなる前の8月にインタビューしたが、黒木さんは「樹木さんは、とても品がありつつ、ちょっととがった着方をされていて、それがすごくカッコいいんです。憧れます」と樹木さんの着物の着こなしについて語る。樹木さんとは初共演。それまでは樹木さんに対して「遊び心のある、博識の方」というイメージを抱いていたそうだが、実際に会ってみると、「イメージ通り」に加え、「(撮影現場に)ご自身で(車を)運転されてきたりなさって、すごくカッコいいんです」と生前の樹木さんの魅力を伝える。

 ◇「涙が勝手に出てきた」大先輩の演技

 また、役者としても、「武田先生が年を重ねていくごとに、どんどん小さく見えていくんです。私はたぶん、まだ演じようとしてしまうんですけど、(樹木さんは)自然とそうなっているように見えるし、せりふをせりふっぽくなく、本当に武田先生がおっしゃっている言葉として出せる。でも、遊び心は忘れず、というところが、本当にカッコいい女優さんだと思います。ご本人は、『私は女優じゃない』とおっしゃっていて、そこがまたすごくカッコいいなと思いました」と大先輩と過ごした有意義な時間を振り返る。

 とりわけ、縁側で典子と武田先生が並んで座る場面では、「隣にいるだけで、語らずとも伝わってくるものがありました。樹木さんが手を(黒木さんの手の上に)ポンと置くんですけど、それだけで私はわーっと涙が勝手に出てきちゃって、そういう言葉にできない何かがあって、それは、(樹木さんが)今まで経験されてきたことの味というか、にじみ出るものがすごくあって、どうしたら私もこうなれるのだろうと思いました」としみじみ語る。

 ちなみに、樹木さんからアドバイスされたことを聞いたところ、「私、ちゃんとしてる人には言わないの」と言われたそうで、黒木さんは「ちゃんとしていないんだけどなと思いながら、褒め言葉として受け取っているんですけど(笑い)。ありがたいです」と感謝していた。

 次回は、休日の過ごし方や10年後の自分について聞く。

 <プロフィル>

 くろき・はる 1990年3月14日生まれ、大阪府出身。2010年、NODA・MAP番外公演「表に出ろいっ!」のヒロインオーディションに合格し、本格デビュー。映画デビューは「東京オアシス」(11年)。「シャニダールの花」(13年)で初主演。「小さいおうち」(14年)で第64回ベルリン国際映画祭銀熊賞(最優秀女優賞)受賞。主な映画出演作に「母と暮せば」(15年)、「リップヴァンウィンクルの花嫁」「永い言い訳」(共に16年)、劇場版アニメ「未来のミライ」「散り椿」(共に18年)。公開待機作に「億男」(10月19日公開)、「ビブリア古書堂の事件手帖」(11月1日公開)、「来る」(12月7日公開)がある。NHK大河ドラマ「西郷どん」、日本テレビ系連続ドラマ「獣になれない私たち」に出演中。

 (インタビュー・撮影:りんたいこ)

彼女がキレイな理由 最新記事

彼女がキレイな理由:篠原涼子さん 主演映画で「普段の幸せを実感」 親として西島秀俊と思いを共有

 東野圭吾さんのベストセラー小説を映画化した「人魚の眠る家」(堤幸彦監督、11月16日公開)で、突然の事故により、意識不明となった...

彼女がキレイな理由:篠原涼子さん 夫・市村正親が背中押す 困難に立ち向かう母役に「もっと演じ続けたい…」

 東野圭吾さんのベストセラー小説を映画化した「人魚の眠る家」(堤幸彦監督、16日公開)で、突然の事故により、意識不明となった我が子...

彼女がキレイな理由:黒木華さん 10年後の自分は? 「一度は結婚してみたい」

 公開中の黒木華さん主演の映画「日日是好日」(大森立嗣監督)は、一人の女性が、“お茶”を通して人生が豊かに彩られていく様を描いたヒ...

彼女がキレイな理由:黒木華さん 「カッコいい女優」樹木希林さんと過ごした有意義な時間

 女優の黒木華さん主演の映画「日日是好日」(大森立嗣監督)が公開中だ。“お茶”を通して一人の女性の人生が豊かに彩られていくさまを描...

彼女がキレイな理由:黒木華さん 初めて茶道を体験「25年間分の重さ」を表現

 女優の黒木華さん主演の映画「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」(大森立嗣監督、13日公開)は、一人の女性が“お茶”を習い始めた...

アクセス上位記事