検索
ドラマ「炎上弁護人」の会見に登場した真木よう子さん
1 / 7

ドラマ「炎上弁護人」の会見に登場した真木よう子さん

真木よう子:炎上に挑む弁護士演じ“SNS観”に変化 「ネットの世界も人対人」

 女優の真木よう子さんが4日、東京都内で行われたNHKの主演ドラマ「炎上弁護人」の会見に登場。ネットの“炎上”案件に挑む弁護士・渡会美帆役を演じる真木さんは、撮影の前後でのSNS観の変化について聞かれると、「『ネットの世界も人対人なんだ』と渡会美帆は気づくんですけど、私も役に伴ってそれに気づいたような部分はあります」と吐露。「えたいの知れない何かがうごめいているのではなく、人が書いていることであり……ということはすごく思いました」と考え方の変化を明かした。

 真木さんは、作中で多数の記者に囲まれるシーンも演じており、「人とマイクが結構な至近距離で、囲まれたんですが……あれ、恐怖でしたね。悪いことをした政治家さんとか、こういう気分なんだ、と感じました」と感想を告白。続けて「悪いことしないようにします」と冗談めかして語り、笑いを誘った。

 会見には真木さん、仲里依紗さん、ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の岩田剛典さんも出席した。

 ドラマは、ネット世論によって犯人が決めつけられ“裁き”が下されかねない時代に立ち向かう、一人の弁護士を描いたヒューマンドラマ。ある日、世間やマスコミにバッシングされ“社会の敵”となった人々を担当する弁護士・渡会美帆(真木さん)のもとに、ネットで炎上した主婦・朋美(仲さん)が現れる。SNSの炎上案件という勝ち目の薄い内容に迷う美帆だが、朋美に対する攻撃のひどさにあえて依頼を引き受けることに。依頼人と弁護士という立場を超えて、2人の女が固い絆で結ばれていく……というストーリー。

 ドラマはNHK総合で15日午後9時から、BS4Kで12日午後7時から放送される。

写真を見る全 7 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る