検索
オムニバス映画「21世紀の女の子」の初日舞台あいさつに登場した日南響子さん
1 / 7

オムニバス映画「21世紀の女の子」の初日舞台あいさつに登場した日南響子さん

日南響子:美脚際立つ上下シースルーの個性派スタイル

 女優の日南響子さんが8日、東京都内で行われたオムニバス映画「21世紀の女の子」の初日舞台あいさつに登場した。短編の一つ「粘膜」に主演した日南さんは、上下シースルーの個性的なパンツスタイルだった。

 トップスはノースリーブで、口元まで隠れるハイネックが印象的。ロンググローブのようなシースルーの袖を着け、黒い太ベルトでウエストマークしていた。ロングパンツも同じシースルー素材で、中に履いたショートパンツから伸びるすらりとした脚を際立たせた装いだった。

 メタリックな大ぶりのアクセサリー、濃紺とベージュのネイル、黒髪にグリーンのメッシュを入れたショートヘアが、この日のコーデをよりスタイリッシュに仕上げていた。

 「21世紀の女の子」は、山戸結希監督が企画・プロデュースを務め、自身を含めた1980年代後半から90年代生まれの新進映画監督15人が、“自分自身のセクシャリティーあるいはジェンダーが揺らいだ瞬間が映っていること”を共通のテーマに8分以内の短編で表現するオムニバス作品。

 舞台あいさつには、オムニバスの一編「reborn」で主演する松井玲奈さん、「離ればなれの花々へ」で主演する唐田えりかさん、山戸監督、加藤綾佳監督、坂本ユカリ監督も登場した。

写真を見る全 7 枚
Twitterでシェア

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る