毎日キレイ

  1. HOME
  2. 本・シネマ
  3. 記事
本・シネマ

注目映画紹介:「君は月夜に光り輝く」永野芽郁と北村匠海がW主演 光り輝く生き方教えられる

映画「君は月夜に光り輝く」の一場面 (C)2019「君は月夜に光り輝く」製作委員会

映画「君は月夜に光り輝く」の一場面 (C)2019「君は月夜に光り輝く」製作委員会

 女優の永野芽郁さんと人気グループ「DISH//」のメンバー、北村匠海さんのダブル主演映画「君は月夜に光り輝く」(月川翔監督)が15日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開される。不治の病に侵されたヒロインと、彼女の願いを「代行体験」する青年が絆を深めていくラブストーリー。ファンタジックな要素を多分に含んだ内容ながら、生きるということ、人を思うということについて、改めて考えさせられる作品だ。

 高校生の岡田卓也(北村さん)は、病院に入院中の同級生、渡良瀬まみず(永野さん)に届け物をするために病室を訪れる。まみずは、細胞異常で皮膚が発光する不治の病「発光病」にかかっていた。病院から出られないまみずのために、彼女の願いを代わって実行する「代行体験」をすることになる卓也。やがて2人の間には絆が生まれ、それは恋心に変わっていく。しかし、まみずの病気は進行していき……というストーリー。第23回電撃小説大賞を受賞した佐野徹夜さんの小説を、「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」(2017年)、「響-HIBIKI-」(18年)などで知られる月川監督が映画化した。

 優しさのかたまりのような卓也を北村さんが好演。まみずのために手を尽くす卓也が頼もしく見えた。永野さんも「余命ゼロ」のヒロインを愛らしく演じ切り、その屈託ない笑顔は心に深く刻み込まれた。そのほか、甲斐翔真さん、松本穂香さん、今田美桜さん、優香さん、生田智子さん、長谷川京子さん、及川光博さんらが出演する。

 スマホを使った、まみずと卓也の遠隔デートや、イヤホンを分け合っての音楽鑑賞など、思春期の少年、少女には胸キュンのシチュエーションが詰め込まれている。一方で、余命を前向きに生きようとするまみずと、彼女を支える卓也の姿には、光り輝く生き方とはかくあるべきと思い知らされた。まみずが卓也に託す最後の代行体験は、私たちへのメッセージでもある。それには大人も胸を突かれるはずだ。(りんたいこ/フリーライター)

本・シネマ 最新記事

川口春奈:「VOCE」表紙で美背中&美肌見せ

 女優の川口春奈さんが22日に発売された月刊美容誌「VOCE(ヴォーチェ)」(講談社)7月号の表紙を飾った。通常版ではオレンジのタ...

杉咲花:「VOGUE GIRL」初登場 ビッグシルエットでハッピーオーラ全開

 女優の杉咲花さんが、ウェブマガジン「VOGUE GIRL(ヴォーグ・ガール)」(コンデナスト・ジャパン)の人気企画「GIRL O...

岡田准一:「anan」で“表現者人生”語る グレースーツ&ニットスタイルも披露

 人気グループ「V6」の岡田准一さんが、22日発売の女性誌「anan(アンアン)」(マガジンハウス)2152号の表紙を飾った。12...

横浜流星:“国宝級イケメン”初選出で2位に 「皆さんのおかげです!」

 俳優の横浜流星さんが、女性ファッション誌「ViVi(ヴィヴィ)」(講談社)の企画「国宝級イケメンランキング<2019年上半期>」...

元ぼくのりりっくのぼうよみ:「CanCam」7月号で改名後初エッセー 「エモい」をつづる

 1月末に、ミュージシャンとしての活動を終了した元「ぼくのりりっくのぼうよみ」のたなか(前職ぼくのりりっくのぼうよみ)さんが、23...

アクセス上位記事