検索
沖縄の祭典「はいさい FESTA2019」の特設ステージに登場した眞栄田郷敦さん
1 / 13

沖縄の祭典「はいさい FESTA2019」の特設ステージに登場した眞栄田郷敦さん

今週のイケメン:真剣佑の弟が佐野勇斗らと初ライブ 竹内涼真がピカチュウ・西島秀俊とのバディーに感慨

 1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(4月29日~5月6日)は、俳優の新田真剣佑さんの弟、眞栄田郷敦(まえだ・ごうどん)さんが出演する映画のイベントに登場した話題、竹内涼真さん、西島秀俊さんが日本語吹き替えを担当した映画の舞台あいさつに登場した話題などが注目された。

 眞栄田さんは5月2日、ラ チッタデッラ(川崎市川崎区)で行われた日本最大級の沖縄の祭典「はいさい FESTA2019」に出演した。3人組バンド「MONGOL800」(モンパチ)の楽曲を基にした映画「小さな恋のうた」(橋本光二郎監督、5月24日公開)に出演する佐野勇斗さん、森永悠希さん、山田杏奈さん、鈴木仁さんらとロックバンド「小さな恋のうたバンド」として、初ライブをするために登場した眞栄田さんは「めっちゃ緊張しています。顔が引きつって……」と表情をこわばらせていた。

 その後、眞栄田さんは同バンドのギター兼ボーカルとしてモンパチの名曲「小さな恋のうた」などを披露。ライブ後にも、まだ「顔、引きつってます」と苦笑しつつ、「撮影時に演奏したときと全然ライブ感が違って。楽しかったです」と笑顔を見せた。

 映画は、モンパチのデビュー20周年記念ライブでメンバーによって製作が発表された。沖縄で人気の高校生バンドはその実力で、東京のレーベルからスカウトを受け、プロデビューが決まる。しかし、喜びの絶頂で盛り上がる彼らに1台の車が突っ込み、バンドは行く先を見失ってしまう。そこに現れた1曲のデモテープと米軍基地に住む一人の少女。それらによって、止まった時計の針は前に進み始める……というストーリー。

 竹内さん、西島さんは5月3日、東京都内で行われた、米映画「名探偵ピカチュウ」(ロブ・レターマン監督)の初日舞台あいさつに登場。西島さんの登場はサプライズで、名探偵ピカチュウの吹き替えを担当したことがその場で発表された。オファーを聞いた際の心境について、西島さんは「プレッシャーで。必死で一生懸命やらせていただいたという感じです」と明かした。

 同作で名探偵ピカチュウと出会う、主人公ティム役の吹き替えを担当した竹内さんは、西島さんとアフレコは別々だったと明かしながら「大変な作業でしたが、映画ができて見たとき、(名探偵ピカチュウとティムが)ちゃんとバディーになっていたのが感動しました」と感慨深げに振り返った。

 映画は、2018年に発売されたニンテンドー3DS向けゲーム「名探偵ピカチュウ」を基に、「パシフィック・リム」「ダーク・ナイト」シリーズのレジェンダリー・ピクチャーズが製作。「デッドプール」などで知られるライアン・レイノルズさんが名探偵ピカチュウの声を担当した。少年の頃、ポケモンが大好きだったティムは、疎遠になっていた父ハリーが事故で亡くなったという連絡を受け、人間とポケモンが共存するライムシティーへと向かう。父の部屋に入ったティムは、そこで自分にしか聞こえない人間の言葉を話すピカチュウと出会い……というストーリー。

写真を見る全 13 枚
Twitterでシェア

イケメン 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る