検索
1 / 5

木村文乃:主演・岡田からのアドバイスで健康維持 役作りの工夫も明かす

 女優の木村文乃さんが出演する映画「ザ・ファブル」(江口カン監督)が6月21日から公開中だ。映画はマンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で南勝久さんが連載中のマンガが原作。岡田准一さん演じる天才的な殺し屋のファブル/佐藤アキラが“誰も殺さず、普通に暮らす”というミッションに挑む姿を描いており、木村さんはファブルの相棒・ヨウコを演じている。木村さんに映画の撮影エピソードや美容や健康へのこだわり、10年後の自分像などを聞いた。

 ◇美や健康の秘訣は? 主演の岡田准一からアドバイス

 劇中で、ファブルの“お酒を愛する最強バディー”として、色気のある美しいヨウコを演じている木村さん。美容や健康の秘訣(ひけつ)を聞くと、健康は「岡田さんに『朝に空腹の状態で運動するのがいい』ということと、効率的なビタミン剤を教えていただいたので、それを続けています」と共演の岡田さんからのアドバイスを実践していると回答。また、美を保つ秘訣については「仕事?」と笑い、「こういう仕事なので、見てもらうならキレイな方がいい、と(思っている)。それがモチベーションですね」と語る。

 そんな木村さんが今、気になっているファッションアイテムは?と聞くと「あんまりないかな……。服に対して無欲なんですよね」と苦笑い。普段欠かさず持ち歩いているアイテムはリップといい、「(唇が)すぐ乾くので(笑い)」と説明する。

 10年後の自分像を聞くと、木村さんは「あまり先のことを考えないです」と笑い、「性格的に、目の前のことを考えるタイプなので」と説明。「毎日、目の前のことをコツコツやってできるのが数年後だと思うので、逆に『どうなっているのかな』ってワクワクしながら日々、暮らしています」と語った。

 ◇ヨウコ役で明るい茶髪に 役作りの工夫明かす

 映画「ザ・ファブル」では、ファブルの頼れる相棒・ヨウコを熱演した木村さん。役作りで特にこだわったのは髪の色だという。劇中で、普段の落ち着いた髪色とは異なる明るい髪色を披露している木村さんは「原作のヨウコは、茶髪というか赤毛に近い色。監督がそれにこだわっていらっしゃって。かつらをかぶっているんですけど、顔回りの毛はかつらにつけたほうがいいので、全部自分の髪を染めちゃった(笑い)」と工夫を明かす。

 また、しゃべり方も普段とは変え、色気が漂うヨウコらしさを出した。「監督から『常に甘くしゃべってくれ』と言われて。ゆるゆるとしたしゃべり方でいてくれ、と。私は声が強くなりがちなので、語尾を伸ばすしゃべり方を意識することを言われました」と話す。

 実写化は「ビジュアルを(原作に)寄せられるかどうかが重要かな、と思っています」と語っていた木村さん。映画「ザ・ファブル」では、そうした木村さんの役作りのこだわりにも注目したい。
 
 「ザ・ファブル」は、天才的な殺し屋として裏社会で恐れられる通称ファブル(岡田さん)が、ボス(佐藤浩市さん)から「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る」という指令を受けて、殺しを封印して佐藤アキラという偽名で普通の生活を始める……というストーリー。 
 
 <プロフィル>

 きむら・ふみの。1987年10月19日生まれ、東京都出身。2006年公開の「アダン」のヒロイン役のオーディションで選ばれて映画デビュー。その後、NHK大河ドラマ「功名が辻」(2006年)、NHK連続テレビ小説「だんだん」(2008年)、同「梅ちゃん先生」(2012年)などに出演。映画は「パラダイス・キス」(2011年)、「RANMARU 神の舌を持つ男」(2016年)、「伊藤くん A to E」(2018年)、「居眠り磐音」(2019年)など出演多数。2020年1月から放送される大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」では、明智光秀の正室となる煕子(ひろこ)役での出演が決まっている。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る