検索
“女子旅”番組「タビフク+VR」に出演する矢野未希子さん(右)と菅原沙樹さん
1 / 11

“女子旅”番組「タビフク+VR」に出演する矢野未希子さん(右)と菅原沙樹さん

矢野未希子:大親友・菅原沙樹と“大人の女子旅” 朝ドラ「なつぞら」で注目の十勝地方へ

 各世代を代表する女性ファッション誌の顔として活躍してきた人気モデルの矢野未希子さん(32)と、同じく「with」(講談社)、「CLASSY.」(光文社)などで人気を博してきたモデル・菅原沙樹さん(33)が、7月24日放送のおしゃれ女子旅番組「タビフク+VR」(BS-TBS、水曜午後11時)に出演。10代から15年来の大親友という2人が、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」の舞台として注目を集めている北海道・十勝地方を訪れる旅の前編だ。

 「これぞ、北海道」という絶景が広がる十勝地方。2人はまず、標高810メートルで道内で最も高い位置にある“天空の湖”、然別湖(しかりべつこ)へ。北海道でしか見ることのできない大自然の中で2人は息を合わせてカナディアン・カヌーをこぐ。そして、森の中に生息する生き物と同じ目線、スピード、距離を飛ぶ新感覚のジップライン「エア・トリップ」にも挑戦し、夏の北海道の大自然を満喫する。

 世界的ガーデンデザイナー、ダン・ピアソンさんがデザインした北海道をまるごとキャンバスに描いたような「十勝千年の森」(北海道清水町)のガーデンは“世界で最も美しい庭”の称号を受ける。2人はそんな広大な世界一の庭をオフロードセグウェイに乗って散策。矢野さんは終始「北海道に住みたい!」と語り、大自然の中、ふと少女時代に戻ったような素顔も見せる。

 2人が今回宿泊したのは、「十勝川第一ホテル・豊洲(ほうしゅう)亭」(音更町)で、野菜、魚介、十勝黒毛和牛と全ての食材が絶品という十勝の恵みを一流の料理人が調理した料理と、「天然の化粧水」と称される植物性の有機物を多く含む「モール温泉」が魅力。アイヌの人々が「薬の沼」と呼んでいた、長い年月をかけて堆積した植物の間を通り抜けて湧く十勝川温泉を、部屋で、大浴場で、そして足湯で、さらに十勝川の美しい夕景を眺めつつお酒をいただきながら楽しむこともできる。

 矢野さんと菅原さんは、昼はアクティブに夏の北海道を遊び尽くし、夜は十勝の極上宿で美人の湯とお酒を楽しむ……そんな“オトナのタビ”を見せてくれる。

 「タビフク」は、「旅(タビ)」と「ファッション(フク)」をテーマに、プライベートでも仲のいいファッショナブルな女性タレントやモデル、歌手、女優など、20代女性の憧れるおしゃれ女子2人が、若い女性に人気上昇中の国内を中心としたさまざまな「タビ先」を訪れる番組。2016年7月からTBSで放送され、2018年4月からは新たに「VR」の要素を加え、BS-TBSで再スタート。番組中のさまざまなシーンで画面に表示されるQRコードをスマホで読み込むと360度VR動画を楽しめる。ナレーションは元「AAA(トリプル・エー)」の伊藤千晃さんが担当している。

写真を見る全 11 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る