毎日キレイ

  1. HOME
  2. 本・シネマ
  3. 記事
本・シネマ

今週シネマ:10月11日公開の映画 「真実」「空の青さを知る人よ」「最高の人生の見つけ方」「WALKING MAN」…話題作続々

映画「真実」の一場面 photo L. Champoussin (C)3B-分福-Mi Movies-FR3

映画「真実」の一場面 photo L. Champoussin (C)3B-分福-Mi Movies-FR3

 今週公開される映画の注目作をピックアップする「今週シネマ」。10月11日は、今年度ベネチア国際映画祭でオープニング上映された是枝裕和監督の「真実」、劇場版アニメ「空の青さを知る人よ」(長井龍雪監督)、女優の吉永小百合さん主演の「最高の人生の見つけ方」(犬童一心監督)、俳優の野村周平さん主演映画「WALKING MAN」(ANARCHY監督)が公開された。

 「真実」は、“真実”を巡る母娘の愛憎や葛藤などを描いた作品。カトリーヌ・ドヌーブさん、ジュリエット・ビノシュさんというフランスの大女優が母娘役で共演した。日本語吹き替え版では女優の宮本信子さんが母ファビエンヌ、宮崎あおいさんが娘リュミールの声を担当している。「万引き家族」などで知られる是枝監督初の国際共同製作作品で、フランスで撮影された。

 国民的大女優のファビエンヌ(ドヌーブさん)が自伝「真実」を出版。娘のリュミール(ビノシュさん)や娘むこ(イーサン・ホークさん)、孫娘シャルロット(クレモンティーヌ・グルニエさん)ら家族は、出版祝いを口実にファビエンヌの元を訪れる。自伝を読んだリュミールは、そこに書かれたうそと書かれなかった真実について、ファビエンヌを問いただし、次第に、母と娘の間に隠された愛憎渦巻く心の影があらわになっていく……という展開。

 「空の青さを知る人よ」は、人気アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)」「心が叫びたがってるんだ。(ここさけ)」などで知られる長井監督の最新作。「あの花」「ここさけ」と同じく岡田麿里さんが脚本、田中将賀さんがキャラクターデザイン、総作画監督を担当し、クリエーターチーム「超平和バスターズ」が再集結した。

 山に囲まれた町を舞台に、2人で暮らす17歳の高校2年生・相生あおいと姉・あかねの前に、突然、あかねのかつての恋人で13年前の過去からやって来た18歳の「しんの」こと金室慎之介が現れる……というストーリー。過去と現在をつなぐ2度目の初恋が描かれる。声優として、吉沢亮さん、吉岡里帆さん、若山詩音さん、松平健さん、落合福嗣さん、大地葉さん、種崎敦美さんらが出演した。

 「最高の人生の見つけ方」は、ジャック・ニコルソンさんとモーガン・フリーマンさんが共演し、2007年に公開された同名の米映画が原案。余命宣告を受けた女性2人が、残りの人生を謳歌(おうか)し、自分の殻を破っていく様を描くヒューマン作。スカイダイビング、巨大パフェ、「ももいろクローバーZ」のライブなど、アクティブな2人の旅路が続く中で、家族への思いもにじませている。吉永さんが、家庭のために生きてきた真面目な専業主婦・北原幸枝、天海祐希さんが会社に人生をささげてきた社長の剛田マ子を演じている。

 「WALKING MAN」は、日本を代表するラッパーのANARCHYさんの初監督作品。どん底生活からラップ音楽と出会って変化していく青年の奮闘を描く。野村さん演じる青年の妹役を優希美青さんが演じている。ラップバトルのシーンも楽しめ、音楽に背中を押される気分になる。

本・シネマ 最新記事

注目映画紹介:「地獄少女」玉城ティナが妖艶な閻魔あいを好演 人気ホラーアニメを実写映画化

 モデルで女優の玉城ティナさん主演映画「地獄少女」(白石晃士監督)が11月15日から新宿バルト9(東京都新宿区)ほかで公開される。...

今田美桜:デニムショーパンで美脚見せ ラスト水着カットも セカンド写真集は「一つの集大成」

 女優の今田美桜さんのセカンド写真集(タイトル未定、講談社)が、2020年1月21日に発売されることが分かった。今田さんが、アジア...

ちゃんみな:話題のラッパーが旬のブライトカラーでポップに変身 「VOGUE GIRL」でモードに

 動画配信サイト「FOD(フジテレビオンデマンド)」で配信中の連続ドラマ「地獄のガールフレンド」の主題歌を担当するラッパーでシンガ...

しいたけ.:2020年版「カラー心理学」特集の「anan」発売へ 三浦春馬、宇垣美里との対談も

 ウェブマガジン「VOGUE GIRL」(コンデナスト・ジャパン)の「しいたけ占い」などで知られる、占師のしいたけ.さんによる20...

JJ:B5変型にサイズ縮小 ミニサイズで「持ち歩きたくなる雑誌」に 今月発売号から

 女性ファッション誌「JJ(ジェイジェイ)」(光文社)が判型を変更し、従来のA4変型(232ミリ×297ミリ)から、左右を64ミリ...

アクセス上位記事