検索
「第59回ミス・インターナショナル世界大会」の会見に登場した日本代表の岡田朋峰さん
1 / 88

「第59回ミス・インターナショナル世界大会」の会見に登場した日本代表の岡田朋峰さん

2019ミス・インターナショナル:日本代表の岡田朋峰さん 亡き父・岡田眞澄さんに「花嫁姿を」

 世界ビューティーコンテストの一つで「第59回ミス・インターナショナル世界大会」の会見が10月28日、東京都内で行われ、同大会に出場する世界各国・地域の代表83人がそれぞれの民族衣装や文化をモチーフとした華やかなコスチュームで登場した。同大会に出場する2019ミス・インターナショナル日本代表の大学生、岡田朋峰(ともみ)さんは、タレントの神田うのさんがデザインした、婚礼衣装の打ち掛けをモチーフにした着物姿をお披露目した。朋峰さんの父は俳優として活躍した故・岡田眞澄さんで、衣装には「天国の父に花嫁姿を見せたい」という思いが込められている。

 頭に大きな白いアジサイとユリを飾った。アジサイは自身の“ラッキーフラワー”だといい「大会のエントリー時、アジサイとの写真を送ったら日本代表になれたので」と話し、ユリは「威厳」という花言葉を持ち、「父のことを思って」選んだと明かした。

 亡くなった眞澄さんは長らく同大会の司会を務めており、朋峰さんは「日本代表として出場できることに誇りを感じる」とコメント。世界大会への意気込みを聞かれると「最大限のパフォーマンスをしたい。日本大会の時、グランプリは青色のクラウンをかぶるのですが、世界大会は赤。次は赤のクラウンをかぶれるように頑張ります」と2012年以来となる日本勢のグランプリを目標に掲げた。

 ミス・インターナショナルは「ミス・ワールド」「ミス・ユニバース」に並ぶ世界3大ビューティーコンテスト。国際社会に貢献したい女性たちの交流を目的としている。1960年に誕生した。グランプリの「2019ミス・インターナショナル」を決める世界大会は11月12日に東京ドームシティホール(東京都文京区)で開かれる。

写真を見る全 88 枚
Twitterでシェア

ビューティー 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る