毎日キレイ

  1. HOME
  2. 本・シネマ イケメン
  3. 記事
本・シネマ,イケメン

ディーン・フジオカ:“ピアニスト”松下奈緒の前でピアノ演奏 「プレッシャーとの闘いだった」

映画「エンジェルサイン」の舞台あいさつに登場したディーン・フジオカさん(左)と松下奈緒さん

映画「エンジェルサイン」の舞台あいさつに登場したディーン・フジオカさん(左)と松下奈緒さん

 俳優のディーン・フジオカさんが11月16日、東京都内で行われた映画「エンジェルサイン」(北条司総監督)の舞台あいさつに、女優の松下奈緒さんと共に登場。ピアニストのタカヤを演じたディーン・フジオカさんはピアノを演奏するシーンに触れながら、ピアニストでもある松下さんの前で演奏をしたことについて「プレッシャーとの闘いでした。松下さんの前でピアノを弾くなんて。緊張感があり、入念に練習をしました。必死でした」と語った。

 チェリストのアイカを演じた松下さんは「チェロは初めてでした。ピアノ以外の楽器を触ることなんてなかった。でも、吹き替えなんて許せなかった。自分の指の動きを見せたかったので、せりふ覚えがない分、そこに時間をかけました」とコメント。

 松下さんのチェロの演奏について、ディーン・フジオカさんは「びっくりしました。よくできていました。僕も(ドラマで同じ弦楽器の)バイオリンを弾いている。難しいんですよ」と、主演を務める放送中のフジテレビ系“月9”ドラマ「シャーロック」を引き合いに出しつつ絶賛した。撮影の合間のエピソードとして「松下さんのチェロで『ドラえもん』のテーマソングを弾いていました」とも明かし、観客の笑いを誘っていた。

 映画は、全編を通してせりふを用いず、映像と音楽のみでストーリーが展開していく作品。チェリストのアイカとピアニストのタカヤは、恋人同士で「いつか2人の音楽で、世界中の人々を感動させたい……」と、夢を追いかけていた。しかし、タカヤは「エンジェルサイン」というチェロとピアノの二重奏曲を作り上げた直後、帰らぬ人となってしまう……という展開で、公開中。

本・シネマ 最新記事

注目映画紹介:「ルパン三世 THE FIRST」初の3DCGアニメは愛嬌のあるキャラと繊細な動きに目がくぎづけ 広瀬すずらが出演

 今年4月に亡くなったモンキー・パンチさん原作の国民的アニメ「ルパン三世」をシリーズで初めて3DCGアニメーション化。約23年ぶり...

注目映画紹介:「“隠れビッチ”やってました。」佐久間由衣が映画初主演 愛され欲求の強い女性の心の傷をあぶり出す

 モデルで女優の佐久間由衣さんの初主演映画「“隠れビッチ”やってました。」(三木康一郎監督)が、12月6日から新宿バルト9(東京都...

注目映画紹介:「午前0時、キスしに来てよ」GENERATIONS片寄涼太と橋本環奈のキラキラシーンに陶然か 濃厚な映画体験

 ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さん、女優の橋本環奈さんダブル主演...

矢野未希子:「VERY」初表紙ビジュアルが解禁 10ページ特集で知られざる一面も

 “みっこ”の愛称で親しまれ、数々の女性ファッション誌で活躍するモデルの矢野未希子さんがカバーモデルに起用された、12月7日発売の...

玉城ティナ:“ヨーロッパ最後の秘境”ジョージアへ 書き下ろしの旅エッセーも

 モデルで女優の玉城ティナさんが、11月28日に発売されたカジュアルファッションマガジン「Maybe!(メイビー!)」(小学館)v...

アクセス上位記事